アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

glo(グロー)

glo(グロー)のコンビニでの買い方を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

glo(グロー)は加熱式タバコ大手のひとつです。

そんなglo(グロー)に興味があるものの、買い方が分からないという人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、実際にはglo(グロー)は全国津々浦々のコンビニで手軽に購入可能です。

ただ一方で、コンビニでの買い方には若干の注意も必要です。

そこで今回はglo(グロー)のコンビニでの買い方について分かりやすく解説していきます。

glo(グロー)のコンビニでの買い方を分かりやすく解説

glo(グロー)のコンビニでの買い方

glo(グロー)のコンビニでの買い方にとくに難しいところはありません。

チケットを取るように事前予約したり端末で専用レシートを発券したりする必要もありません。

基本的にはただコンビニへ足を運べばそれで十分です。

しかし、glo(グロー)は一般商品のように棚に陳列されてはいません。

そこで、なにも持たずにレジで購入を希望するとレジ奥のタバコの陳列棚やバックヤードから在庫を出してきてもらえます。

あとは普通にコンビニで商品を買うように精算すればOKです。

ただ、この買い方には「事前に値段を確認できないことがある」「精算に手間取る」といったデメリットもあります。

値段についてはあらかじめ調べておけばそこまで困ることはありません。

一方、普通の商品にくらべればglo(グロー)を買う場合は多少の時間がかかってしまいます。

他のお客の迷惑を考えるのであれば、コンビニが混み合う時間帯で買うのはやめておいたほうがよいかもしれません。

glo(グロー)のコンビニでの買い方【対応店舗】

glo(グロー)を購入できるコンビニは「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「ミニストップ」「デイリーヤマザキ」「ニューデイズ」です。

おそらくどこかしらは近くにあると思いますので、基本的にはタバコが買えるところであればどこでも購入可能です。

また、glo(グロー)はコンビニ以外にも「公式オンラインストア」や「glo(グロー)ストア」といった買い方も可能です。

なんらかの理由でコンビニでの買い方が難しいという人はそちらを利用しましょう。

ただ、新型コロナウィルスの影響か、現在glo(グロー)ストアは徐々に店舗を減らしています。

結果として、いまglo(グロー)ストアがあるのは関東を中心とした一部の大都市のみ。

現実的には多くの人がオンラインストアでの買い方を利用することになるでしょう。

glo(グロー)のコンビニでの買い方【対応機種】

glo(グロー)のコンビニでの買い方自体は難しくありません。

しかし、残念ながらすべての機種が購入できるわけではありません。

コンビニで買えるデバイスはglo(グロー)のメインストリームのみ。

現在は「glo(グロー)ハイパー」「ハイパープラス」「プロ」「プロスリム」の4種類のみです。

それ以外の過去のデバイスは基本的にはコンビニでは買えません。

そうした過去製品についてはオンラインストアでの買い方を利用しなければなりません。

もっとも、あえて過去の製品を購入するメリットはほとんどありません。

基本的にはコンビニで販売しているものを購入すればよいかと思います。

glo(グロー)のコンビニでの買い方の値段

glo(グロー)は利用する買い方によって若干値段が異なります。

コンビニの場合はわずかに高くなる場合があります。

といっても、販売価格に上乗せされるわけではなく、あくまでもキャンペーンが適用されず定価販売になるだけです。

具体的な価格の違いはキャンペーン次第ですが、オンラインストアでの買い方にくらべるとおおむね500円ほど割高になりがちです。

少しでも安くglo(グロー)を手に入れたい人はオンラインストアの利用も検討してみましょう。

ただし、オンラインストアでは送料がかかることも珍しくありません。

場合によってはかえって高く付きかねません。

コンビニとオンラインストアのどちらの買い方がお得かは事前にしっかりと比較しておきましょう。

glo(グロー)のコンビニでの買い方はカラーに注意

glo(グロー)をコンビニで買う場合、残念ながらカラーの選択肢がかぎられてしまいます。

コンビニでの買い方の場合、ブラックとホワイトが基本です。

他のカラーが選べるケースもありますが、たいていは数量限定です。

対して、オンラインストアでの買い方では豊富なボティカラーに加えて、サイドパネルの組み合わせも可能です。

総じて、コンビニでのglo(グロー)の買い方には「手軽にすぐ入手できる」という以外のメリットはありません。

個人的にはglo(グロー)を買うのであればやはりオンラインストアの利用がおすすめです。

glo(グロー)のコンビニでの買い方はデバイスの間違いにも要注意

glo(グロー)をコンビニで買う場合はデバイスの種類の間違いにも要注意です。

先に触れたように、コンビニでの買い方に対応しているデバイスはglo(グロー)は「ハイパー」「ハイパープラス」「プロ」「プロスリム」の4種類。

非常に名前が似通っています。

しかも悪いことにパッケージのデザインもほぼ同じです。

そのため、喫煙者ではない店員の場合は間違えることも十分にありえるかと思います。

そして、glo(グロー)はハイパー系とプロ系で利用できるスティックが違います。

万が一にもハイパー系とプロ系を間違えられると「まぁいいか」では済みません。

glo(グロー)をコンビニで買う場合は自身も店員も製品を間違えていないかはしっかりと確認しておきましょう。

glo(グロー)のコンビニでの買い方は最新機対応もやや遅め

現状、コンビニではglo(グロー)の主流モデルはすべて買えます。

しかし、glo(グロー)プロスリムがコンビニでの買い方に対応したのは比較的最近です。

新型のモデルに関してはまず公式オンラインストアで先行販売されるからです。

たしかに現状はコンビニとオンラインストアとでのデバイスのバリエーションに大きな違いはありません。

ただ、今後glo(グロー)の最新モデルを早く入手したいという人はオンラインストアでの買い方にも慣れておいたほうがよいかもしれません。

glo(グロー)のコンビニでの買い方を分かりやすく解説 まとめ

glo(グロー)のコンビニでの買い方はそこまで難しくありません。

glo(グロー)は商品棚には陳列されていないので、手ぶらのままレジでglo(グロー)を購入したい旨を伝えればよいだけです。

あとは普通にコンビニで商品を買うのとまったく同じです。

ただし、この買い方には「価格がやや割高」「レジが詰まりやすい」「色の選択肢が限定される」などのデメリットもあります。

少しでも安く、色にはこだわってglo(グロー)を購入したいという人はオンラインストアなど他の買い方も視野に入れておくことをおすすめします。

-glo(グロー)

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.