アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

glo(グロー)

glo(グロー)のコンビニの割引クーポンを分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

glo(グロー)は加熱式タバコ大手のひとつです。

そんなglo(グロー)をコンビニで購入するにあたって割引クーポンがあると耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

しかし一方でそういった割引クーポンが見当たらないとお困りの人も少なくないはずです。

本当にそういった割引クーポンは存在するのでしょうか。

また仮にないとしたら他にどのような方法で割り引きを受けられるのでしょうか。

そこで今回はglo(グロー)のコンビニで利用できる割引クーポンについて分かりやすく解説していきます。

glo(グロー)のコンビニの割引クーポンを分かりやすく解説

glo(グロー)のコンビニ割引クーポンは不定期

glo(グロー)のコンビニ割引クーポンは不定期です。

そして、残念ながら現時点ではとくにコンビニで利用できる割引クーポンは存在しません。

参考までに、過去にコンビニで利用できた割引クーポンはおよそ2,000円ほどの割り引きを受けられるものでした。

また、現状、glo(グロー)自体は無料でデバイスを入手できるクーポンを発行していますが、それが利用できるのは公式オンラインストアのみです。

残念ながらコンビニでは定価で購入するほかありません。

今の状況で、できるだけお得にglo(グロー)を入手したい人はオンラインストアから購入しましょう。

glo(グロー)のコンビニ割引クーポンが再開される可能性

現状、glo(グロー)はコンビニで利用できる割引クーポンを発行していません。

そして、今後ふたたび割引クーポンが発行される可能性は低いと思われます。

なぜなら、glo(グロー)は割引クーポンが利用できたころにくらべるとかなりの値下げが実施されたからです。

割引クーポンのあったころのコンビニでの販売価格は8,000円ほどでした。

しかし、そこから大幅な値下げが実施されて、いまのglo(グロー)は高額なタイプのデバイスであっても3,000円もしません。

スタンダードなモデルであれば1,000円以下です。

いずれも過去の割引クーポン利用後の価格をはるかに下回っています。

そのため、ここまで安いとあらためて割引クーポンが発行される可能性も低いと思われるのです。

ただ、今のglo(グロー)公式オンラインストアでは割引どころか無料クーポンが発行されています。

今後、期間限定でコンビニでも無料クーポンが利用できるようなキャンペーンが実施される可能性もゼロではありません。

しかしゼロではないだけであって極めて低いと思われます。

基本的にはコンビニの割引クーポンに関しては期待はしないほうがよいでしょう。

glo(グロー)はコンビニ割引クーポン不要

先ほど解説したように、今のglo(グロー)はかつてほど高額ではありません。

したがって、コンビニで買うとしても基本的には割引クーポンは不要と思われます。

具体的にデバイス別の価格を見てみましょう。

・ハイパー・・・980円

・ハイパープラス・・・980円

・プロ・・・1,980円

・プロスリム・・・2980円

プロとプロスリムは若干高いですが、ハイパーとハイパープラスは1,000円以下です。

わざわざ割引クーポンを利用するまでもありません。

なお、glo(グロー)はプロ系とハイパー系で利用できるスティックが違いますが、とくにハイパー系の吸いごたえや使い勝手が劣っているということもありません。

価格を考えるのであれば今はハイパー系がおすすめです。

ただ、コンビニ購入は在庫がない場合も珍しくありません。

もしどうしてもすぐにglo(グロー)を入手したいのであればオンラインストアでの購入も検討してみましょう。

glo(グロー)のコンビニ割引クーポンが廃止された理由

glo(グロー)がコンビニ割引クーポンを廃止したのはやはり大胆な値下げが主な理由と思われます。

その値下げの理由は当然、シェアを高める狙いのはずです。

割引クーポンで価格を下げるのもシェア獲得には一定の効果があったでしょうが、定価を下げることで恒久的なシェア獲得に乗り出したということでしょう。

これもまた推測ですが、コンビニで数千円の買い物をするというのも抵抗があります。

だからといってコンビニで割引クーポンを利用するのも憚られるという人も一定数いるように思えます。

そこでglo(グロー)は抜本的に定価そのものを下げるという戦略に切り替えたのではないでしょうか。

また、glo(グロー)にかぎらず加熱式タバコの耐用年数は1年程度です。

そのため普通は1年、長くとも1年半程度で買い替える必要が生じます。

それが知られるにつれて高額なデバイスに対する需要が減ってきたという事情もあるのかもしれません。

多分に推測は含みますが、glo(グロー)が低価格化しているのは間違いのない事実です。

今後もおそらくは割引クーポンを利用する必要がない程度の低価格は維持されるでしょう。

glo(グロー)のコンビニ以外の割引クーポン

今回は主にglo(グロー)のコンビニ割引クーポンについて解説してきました。

ただ、ここまで折に触れてglo(グロー)の公式オンラインストアでの割引クーポンについて言及してきました。

そこで、そちらについても簡単に内容を解説しておきます。

現在、glo(グロー)の公式オンラインストアで利用できる割引クーポンは「ハイパープラス限定」で利用できる「無料クーポン」です。

正確にいえば割引どころか、実際には無料になります。

利用方法もとくに難しくはなく、まだglo(グロー)を使っていない人であれば誰でも対象です。

glo(グロー)にメンバー登録してからオンラインストアで「クーポンを使って」対象商品を購入すればよいだけです。

ただ残念ながらオンラインストア限定であってコンビニでは対象になりません。

現状、とにかく安くglo(グロー)を入手したいというのであれば、割引クーポンのないコンビニはどうしても不利です。

数量限定かつ期間限定ではありますが、価格重視の人はオンラインストアでの購入を検討してみましょう。

ただし、オンラインストアでの購入は無料クーポンを利用したとしても送料は別途かかります。

完全にゼロ円でglo(グロー)を入手できるわけではないので、その点は勘違いしないようにしておきましょう。

glo(グロー)のコンビニの割引クーポンを分かりやすく解説 まとめ

かつてはコンビニで割引クーポンを利用すると2,000円ほど割引価格でglo(グロー)を購入できました。

しかし残念ながら、現在、glo(グロー)にコンビニで利用できる割引クーポンはありません。

とはいえ、glo(グロー)は割引クーポンがあったころにくらべると2,000円をはるかに超えるほど大胆に値下げしています。

そもそも割引クーポンを利用する必要はないでしょう。

ただ、現在のglo(グロー)はオンラインストアでのみ割引クーポンを継続しています。

とにかく安くglo(グロー)を入手したいという人はコンビニにこだわらずオンラインストアでの購入も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

-glo(グロー)

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.