アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

glo(グロー)

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法を分かりやすく解説

投稿日:2022年3月15日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

glo(グロー)は加熱式タバコ大手の一角です。

そんなglo(グロー)を愛用していたものの、なぜか充電できないという人もいるようです。

いくらglo(グロー)が優れた製品だとしても充電できないのでは一回かぎりの消耗品と変わらず、使い物になりません。

そこで今回はglo(グロー)が充電できないときの原因と解決方法を分かりやすく解説していきます。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法を分かりやすく解説

glo(グロー)が充電できないよくある原因

glo(グロー)が充電できないといったときによく見られる原因は以下のとおりです。

・専用の充電ケーブルを使っていない

・glo(グロー)本体の故障

・充電ケーブルの故障

・本体温度の変化

当然、原因が違えば対応する解決方法も異なってきます。

そこでここからは原因別にglo(グロー)が充電できないときの解決方法を見ていきましょう。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法【充電ケーブル】

glo(グロー)が充電できないといったときに、けっこうありがちな原因が純正ケーブル以外の利用です。

glo(グロー)の充電ケーブルはTypeCとTypeAの非対称USBケーブル。

加熱式タバコでは一般的な仕様です。

そのため、他の加熱式タバコの充電ケーブルを使ったり、タブレット用の汎用ケーブルを使ったりしてglo(グロー)を充電している人も少なくないようです。

基本的にはそれでもたいていは問題ありません。

しかし、どうもglo(グロー)は純正以外のケーブルとの相性が悪いようで、汎用ケーブルを使うとろくに充電できないことも珍しくありません。

実際、個人の観測範囲内で見ても汎用ケーブルを使うとゼロからフル充電までかなりの時間がかかっているように思えます。

こうしたことが原因で充電できない場合、解決方法は極めてシンプルで、単にglo(グロー)純正の充電ケーブルを使えばよいだけです。

ただ、すでに充電ケーブルを紛失してしまったという人もいることかと思います。

そうした人は「アンペア」が合っているか確認して、違っていたら同じものに買い替えましょう。

仮にケーブルの差込口が同じであってもアンペアが合っていないとろくに充電できないこともあるからです。

なお、自分のglo(グロー)がどのアンペア対応かはよく見ると本体表面に書かれています。

同じ種類のデバイスであっても製品モデルによってアンペアが違うこともあるようです。

なぜか充電できないという人は本体記載のアンペアと充電ケーブルが合っているかどうか確認してみましょう。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法【ケーブルの故障】

glo(グロー)が充電できない場合、充電ケーブルが故障していることが原因の場合もあります。

この場合は修理というよりは買い替えが最短かつもっとも簡単な解決方法になるでしょう。

その際は先ほど解説したように、自分の使っているglo(グロー)に対応する汎用ケーブルを購入するのが重要です。

ただ、そもそもケーブルの故障が充電できない原因かどうかを見極める必要があります。

そうしたことを考えると、基本的には故障かなと思う前にあらかじめ予備の充電ケーブルは用意しておくことをおすすめします。

もちろん生活環境にもよりますが、自宅用、車載用、職場用(盗電にならないよう注意です)と3種類のケーブルは用意しておくとよいでしょう。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法【本体の故障】

glo(グロー)が充電できない場合、そもそも本体故障が原因の可能性も否定できません。

他の加熱式タバコの場合、本体をリセットするという解決方法も考えられますが、残念ながらglo(グロー)にはリセットの機能はありません。

したがって、本体故障が原因で充電できないのかどうかは、ケーブルの取り替えで判断するくらいしかありません。

そして残念ながら、本体故障が原因の場合には自分でできる有効な解決方法はありません。

予備の充電ケーブルを使っても充電できない場合は、カスタマーサポートへ連絡して修理を依頼しましょう。

もっとも、glo(グロー)は加熱式タバコとしてはかなり廉価に手に入れられることも大きな特徴です。

無理にカスタマーサポートへ修理を依頼するよりは、これを機に新型モデルに買い換えるというのもある意味では解決方法のひとつといえるかもしれません。

当然、新型モデルは旧型のさまざまな部分が改良されているはずです。

決して強く推奨するわけではありませんが、個人的には買い替えをおすすめしたいところです。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法【本体温度の変化】

glo(グロー)が充電できないときは本体温度が原因の場合も珍しくありません。

glo(グロー)の内蔵バッテリーはリチウム電池です。

そのリチウム電池が正しく充電されるのは0度~50度の環境です。

普通に生活しているぶんには気温が50度を超えるようなことはまずありませんが、しかしglo(グロー)は「加熱式」タバコ。

連続使用すれば本体温度は急激に上がります。

また、寒冷地であればマイナス気温は決して珍しくありません。

そうしたことが原因で充電できないと思われるときはglo(グロー)の本体温度を適正温度まで調整してから充電してみましょう。

ただし、この解決方法はたんにglo(グロー)を温めたり冷やしたりすればよいというものでもありません。

温度の急激な変化はglo(グロー)本体の故障を招くからです。

温度を調整するときはあくまでも自然な範囲で緩やかに温めたり冷やしたりする程度にしておきましょう。

なお、glo(グロー)はコントロールボタンの点灯状態で内蔵バッテリーの温度変化を確認できます。

バッテリー温度が高すぎる場合は、コントロールボタンの下半分か左半分、逆に低すぎる場合は上半分か右半分が点灯します。

異常時にしか点灯しないので常に温度が原因で充電できないのかどうか分かるわけではありませんが、ひとつの参考として覚えておきましょう。

glo(グロー)が充電できない原因と解決方法を分かりやすく解説 まとめ

glo(グロー)が充電できないときは「バッテリー周り」「本体」「本体温度」あたりが原因でないかまず確認してみましょう。

バッテリー周りが原因の場合は単純に充電ケーブルを変えるのが有効な解決方法です。本体温度の場合も温度を変えてから充電しなおせばOKです。

一方で、本体故障が原因の場合は有効な解決方法もありません。

glo(グロー)にはリセットの機能がないので他のデバイスのような再起動も不可能です。

その場合はカスタマーサポートへ連絡して修理を依頼するか、思い切って買い換えるほかありません。

ただ、glo(グロー)はもともと安いので個人的には買い替えがおすすめです。

強く推奨するわけではありませんが、充電できない原因がいまひとつはっきりしないという人は買い替えも検討してみましょう。

-glo(グロー)

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.