アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

glo(グロー)

glo(グロー)の匂いは部屋や服につく?を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

紙巻きタバコでつく匂いが嫌だからglo(グロー)に変えたい。

glo(グロー)だと部屋に匂いは残らない? 服にも匂いはつかないのか知りたい。

こんなことが気になっている人は多いのではないでしょうか。

自分ではなく家族からクレームを受けている人もいるかもしれませんね。

そこで今回はglo(グロー)の匂いは部屋に残るのか?服につくのか?を分かりやすく解説します。

glo(グロー)の匂いは部屋や服につく?を分かりやすく解説

glo(グロー)の匂いは紙巻きタバコより少ない

におい測定器で測ると、glo(グロー)は紙巻きタバコと比べると3〜4割ほど匂いが少ないとの結果がでています。

タバコの匂いは、タバコ葉に含まれる匂いと燃焼時に立ち上る匂いが合わさったものです。

glo(グロー)は紙巻きタバコと比べると次のような特徴があります。

・スティックに含まれるニコチンが少ない

・タバコ葉を燃やすのではなく、スティックを加熱してできる蒸気を吸う仕組み

・タバコ臭いというより、焦げたパン、ポップコーン、ほうじ茶のような匂い

glo(グロー)はそもそも匂いの元となるニコチンが少なく、匂いがでにくい加熱式タバコです。

さらに発生する匂いも悪臭ではありません。

glo(グロー)の匂いは紙巻タバコほど気にする必要はないといえるでしょう。

glo(グロー)の匂いが部屋につかない人

glo(グロー)の匂いが部屋につかないとの口コミは数多く見受けられました。

しかしglo(グロー)は無臭ではなく、独特のパンやポップコーンのような匂いがでます。

また、フレーバー付きであればその香料が漂います。

glo(グロー)を吸う時に下記の対策をしていれば、部屋に匂いがつくことはありません。

・吸う時は窓を開ける

・吸い終わったあともしばらく換気をする

glo(グロー)は紙巻きタバコと違ってタールは発生しません。

そのため、壁紙やカーテンなどに匂いがしみつくことはないでしょう。

吸っているときにでる匂いを部屋の外に出す対策さえしておけば、部屋に匂いはつきません。

glo(グロー)の匂いが部屋につく人

glo(グロー)の匂いが部屋につくのは、換気をしていなかった場合です。

紙巻きタバコのときは屋外で吸っていたり換気扇の下で吸っていたりしていた人でも、glo(グロー)に変えてからは締め切った部屋でついつい吸いがちです。

紙巻きタバコと比べると発生する匂いは半減しますが、やはりある程度の匂いはつきものです。

なのでやはり、締め切った部屋でglo(グロー)を吸うのはやめておくほうがよいでしょう。

このほか、吸い終わったスティックの匂いが部屋に漂っているケースも考えられます。

・吸い終わったらスティックを本体から抜く

・吸い殻は部屋の外または密封しておく

glo(グロー)のスティックは加熱式とはいえ、やはり焦げ付きも多少でます。

その焦げた匂いが本体にしみつき、部屋に充満してしまうのです。

紙巻きタバコと同様に、吸い終わったあとの処理はきちんとしておきましょう。

glo(グロー)の匂いは服につく?

glo(グロー)の匂いが服につくかどうかは、換気しながらglo(グロー)を吸っているかどうかに左右されます。

glo(グロー)はタバコ葉を燃やしませんので、匂いの大きな原因である煙がでません。

紙巻きタバコであれば、煙がふきかかった服や髪の毛はすぐにタバコ臭くなって洗うまでとれません。

その点、glo(グロー)はニコチンが含まれていない蒸気であるため、そもそも服などにはつきにくいものです。

服に匂いがつかないと喜んでいる口コミは数多く見つかります。

しかし一方で、glo(グロー)の匂いが服につくとの口コミも一定数見つかりました。

この場合、本人は気づいていなくて第三者に指摘されるケースが多いようです。

glo(グロー)は匂いがつきにくいのは確かですが、無臭ではありません。

それなりに服に匂いはつきますので、換気をする、きちんと洗濯するなど対策をとってください。

glo(グロー)で部屋や服に匂いがつきやすい機種

glo(グロー)にはいくつかの機種が販売されています。

その中で匂いが強めで部屋や服に匂いがつきやすいと言われている機種をご紹介しましょう。

・ハイパー、ハイパープロ 匂いが強め

・プロ、プロスリム 匂いが弱め

glo(グロー)のハイパー、ハイパープロは匂いが強めの機種です。

なぜなら次のような特徴があるからです。

・匂いの元となるタバコ葉を30%増量

・太めのスティックのため加熱される面積が広い

・加熱温度が高い

glo(グロー)の中ではハイパー、ハイパープロは吸いごたえ重視の機種であるため、匂いも強めになっています。

部屋や服に匂いがつくのが嫌な人は、スティックが細いプロやプロスリムを選ぶとよいでしょう。

glo(グロー)で部屋や服に匂いがつくフレーバー

では次に、glo(グロー)で部屋や服に匂いがつきやすいフレーバーをみてみましょう。

・neoシリーズ 匂いが強め

・カプセルありメンソール 匂いが強め

まず、neoシリーズは匂いが強く、部屋に残り香が漂いやすいといえるでしょう。

なかでもフルーティーなフレーバーは意外と強く香ります。

また同じくメンソールも意外と香料が入っていますので、匂いがつきやすいフレーバーだといえるでしょう。

このほか、吸いごたえのある濃厚なダーク、オーク系は匂いが強めです。

匂いがつくフレーバーとはいえ、紙巻きタバコと比べるとglo(グロー)は部屋や服には匂いはつきにくいといって差し支えないでしょう。

glo(グロー)の匂いは部屋や服につく?を分かりやすく解説まとめ

glo(グロー)の匂いは紙巻きタバコと比べるといい香りですし、残りにくいものです。

しかし、無臭ではありませんので、換気をせずに締め切った部屋で吸えばそれなりに匂いはつきます。

自分では気づかなくても家族や友人から匂いを指摘されかねません。

紙巻きタバコと同様、吸う時は換気をする、吸い殻はきちんと処分するようにすれば、部屋や服の匂いが気になることはないでしょう。

-glo(グロー)

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.