アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由を分かりやすく解説

投稿日:2022年1月11日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

煙の出ない電子タバコ・加熱式タバコとして年々ユーザーが増加傾向にあるiQOS(アイコス)。

iQOS(アイコス)といえば紙タバコよりも健康的というイメージがありますが、iQOS(アイコス)で胃痛がすると悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

特にiQOS(アイコス)を一定期間やめると胃痛が治るという人なら、胃痛の原因がiQOS(アイコス)である可能性が高くなります。

ここでは、iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由について詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由を分かりやすく解説

iQOS(アイコス)で胃痛を招く人はいる

iQOS(アイコス)を吸っている人で胃痛がするという人はいるようです。

胃痛がする時にiQOS(アイコス)を吸ってたまたま症状が悪化したという可能性もありますが、iQOS(アイコス)によりもともとあった胃痛の症状を悪化させている可能性もあります。

またiQOS(アイコス)の公式サイト上の注意次項の中には、以下のような一文も掲載されているようです。

ユーザーによっては、腹痛、胸痛、息苦しさ、咳、呼吸困難、めまい、口・喉の渇き、歯肉炎、頭痛、倦怠感、鼻づまり、吐き気、口内炎、動悸、喉の炎症および嘔吐を引き起こす可能性があります。

つまり、紙タバコからiQOS(アイコス)への置き換えは、健康面でも良い選択ではあるが、中にはiQOS(アイコス)によって胃痛などの不調を感じる人もいることが公式にて認められています。

iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由

iQOS(アイコス)で胃痛を招いてしまう理由については、公式サイトなどでもはっきりしたことが記載されていません。

またiQOS(アイコス)のヒートスティックの成分などに関しても、iQOS(アイコス)を販売しているフィリップモリス社からはっきりとした情報開示がされていないため、まだまだ不明な点が多いようです。

ただしiQOS(アイコス)には紙タバコと同様にニコチンが含まれているという点から、iQOS(アイコス)の胃痛の原因の1つがニコチンの成分によるものである可能性が高くなっています。

iQOS(アイコス)の胃痛はニコチンによる血管収縮の可能性がある

iQOS(アイコス)の胃痛の原因の1つとして考えられるのが、ニコチンによる血管収縮によるものです。

ニコチンには血管を収縮させる作用があるため、タバコを吸うと血行が悪くなるといわれています。

この作用は胃の中に張り巡らされている毛細血管にも作用し、iQOS(アイコス)を吸って体内に取り込まれたニコチンが、胃の血行不良を引き起こしている可能性があるのです。

胃への血流量が減少することで胃の粘膜が酸素欠乏を引き起こした上で胃腸の機能不全や抵抗力低下などを引き起こし、それが胃痛につながっているという可能性が高いでしょう。

iQOS(アイコス)の胃痛はニコチンによる胃酸の過剰分泌の可能性もある

またiQOS(アイコス)や紙タバコに含まれるニコチンは、体内に吸収されることによって大量の遺産やペプシンを分泌する作用もあります。

胃酸には食べ物を溶かして体内に吸収させるという働きがあるので、胃酸自体に強い溶かす力があるのです。

通常は体内に食べ物などが入ってきた時に胃酸が分泌されて、食べものが胃酸によって溶かされます。

しかしiQOS(アイコス)によってニコチンが体内に取り込まれると、胃の中に食べ物が入っていない状態でも過剰な胃酸が分泌されることがあるようです。

空腹の状態で胃酸が過剰に分泌されることによって、分泌された胃酸が胃を傷つけてしまい胃痛を引き起こすこともあります。

iQOS(アイコス)の胃痛への対処法

iQOS(アイコス)の胃腸の原因に関して考えられるものを紹介しましたが、現在のところiQOS(アイコス)の胃腸の全ての原因がわかっているわけではありません。

iQOS(アイコス)で胃痛を招く決定的な原因がわかっていない場合、いくつかの対処法を試してみるのもおすすめです。

iQOS(アイコス)で胃痛への対処法 まずはiQOS(アイコス)の利用をやめる

iQOS(アイコス)を吸っていて胃痛が起きたという人は、まずはiQOS(アイコス)の利用を1日から数日程度やめてみるのがよいでしょう。

iQOS(アイコス)の利用をやめて胃痛が治るようであれば、やはりiQOS(アイコス)が原因で胃痛が起きている可能性が高くなります。

iQOS(アイコス)で胃痛への対処法 他の電子タバコや加熱式タバコへの乗り換え

iQOS(アイコス)をやめて胃痛が治ったという人でも、やはりタバコは吸いたいと感じる人も多いでしょう。

iQOS(アイコス)で胃痛が起きてしまうという人の中には、他の電子タバコや加熱式タバコに乗り換えてみるのもおすすめです。

iQOS(アイコス)に関する口コミなどをみていると、iQOS(アイコス)から他の電子タバコ・加熱式タバコに乗り換えたことによって胃痛が治ったというものもいくつかみられました。

iQOS(アイコス)が体質に合っていないだけで、他の電子タバコや加熱式タバコでは胃痛が起きないという可能性もありますので、他の製品を試してみるのもよいでしょう。

iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由を分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)で胃痛を招く理由について詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)を吸って胃痛を感じるという人はいるようで、口コミなどでもiQOS(アイコス)での胃の不調や胸焼けを訴える人が複数名みつかりました。

iQOS(アイコス)で起きる胃痛の原因は全てが解明されているわけではありませんが、多くの場合iQOS(アイコス)に含まれるニコチンが原因になっている場合が多いようです。

iQOS(アイコス)で胃痛を感じる場合には利用を一時停止して、他の電子タバコや加熱式タバコの利用を検討してみるのもよいでしょう。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.