iQOS(アイコス)の赤ランプ点滅の意味とは?対処法も紹介

「購入して1年も経たずにiQOS(アイコス)が壊れた。」という情報は意外と多いものです。

その中でも「iQOS(アイコス)の赤ランプが点滅して。」という口コミが多くなっています。
この赤ランプの点滅はどのような時に付くのでしょうか?

今回は、iQOS(アイコス)を使用中に赤ランプが点滅してしまう理由や赤ランプが点滅した時の対処法などについて説明してきます。

iQOS(アイコス)の赤ランプはなぜ点滅する?


「さっきまで普通に利用できていたのに、赤ランプが点滅してしまいiQOS(アイコス)が利用できなくなった。」という口コミは多く急なランプ点滅に戸惑っている方も多いようです。

iQOS(アイコス)の赤ランプはざっくりと説明してしまうと「故障の可能性がある」というお知らせです。

また、iQOS(アイコス)の赤ランプは「iQOS(アイコス)本体」とチャージするための「ポケットチャージャー」の2つで点滅や点灯する可能性があります。

本体の赤ランプが点滅すると、本体自体の故障でiQOS(アイコス)を利用することができなくなり、ポケットチャージャーの赤ランプが点灯・点滅した場合には、故障で充電ができなくなります。

iQOS(アイコス)それぞれのランプの意味

iQOS(アイコス)は、状態や状況に応じてランプの色が変化します。

また、ランプの点灯の仕方についても、ランプが点灯したままになったり点滅したりなどでそれぞれ意味に違いがあります。

iQOS(アイコス)の緑ランプ点灯時

基本的にiQOS(アイコス)の緑ランプ点灯は、正常であるサインです。

ヒートスティックの加熱が完了し、iQOS(アイコス)が吸える状態の時には緑ランプが点灯しています。

またポケットホルダーの緑ランプ点灯は、ホルダー(本体)のチャージがいっぱいになったことを意味しています。

iQOS(アイコス)の緑ランプ点滅時

緑のランプの点滅は、ヒートスティック加熱中の状態です。この時にはiQOS(アイコス)を吸うことができませんので、緑ランプが点灯に変わるまで待ちましょう。

ポケットチャージャーの緑ランプ点滅も充電中のサインですので、緑ランプが点灯に変わるまで待つようにしましょう。

iQOS(アイコス)オレンジランプ点灯

iQOS(アイコス)ホルダーのオレンジランプの点灯は、「充電がもうすぐなくなる」というサインです。
ポケットチャージャーの方は、自動クリーニングが作動するタイミングで点灯します。

iQOS(アイコス)オレンジランプ点滅

iQOS(アイコス)ホルダーのオレンジランプが点灯した場合には、点灯の状態よりも更に充電が少なくなっており、すぐに充電がなくなるというサインです。

よってオレンジランプ点滅から点灯となった場合には「いよいよ充電がなくなる」というサインです。

またポケットチャージャーのオレンジランプの点滅は、ホルダーやチャージャーの中にゴミなどの異物が挟まって接触不良を起こしている可能性があります。

中を軽くティッシュなどで拭いて異物を取り除くと、ランプ点滅が解消されることがあります。

iQOS(アイコス)赤ランプの点灯

iQOS(アイコス)ホルダー赤ランプの点灯は「完全に充電がなくなりました」という意味です。
充電切れのため、これ以上iQOS(アイコス)を吸うことはできません。

また、iQOS(アイコス)ポケットチャージャーの赤ランプが点灯している場合には、故障の可能性があります。

それでは、次項よりiQOS(アイコス)ホルダー(本体)とチャージャーの赤ランプ点滅について詳しく説明していきます。

赤ランプ点滅の種類とは?

iQOS(アイコス)の赤ランプ点滅のパターンを見ていきましょう。

iQOS(アイコス)ホルダー(本体)が赤ランプ点滅


iQOS(アイコス)のポケットチャージャーは緑ランプで問題なしなのに、iQOS(アイコス)の本体であるホルダー部分の赤ランプが点滅してしまうパターンです。

本体の赤ランプが点滅している時に考えられるのが、故障もしくは接触不良です。

接触不良の場合には再起動で、正常である緑ランプに変わることもありますので、まずはiQOS(アイコス)の電源を一度落として再起動してみましょう。

それでも赤ランプの点滅した状態から戻らない場合には故障の可能性が非常に高くなります。

iQOS(アイコス)のポケットチャージャーが赤ランプ点滅


ポケットチャージャーの赤ランプ点滅の場合も、故障の可能性が非常に高くなっています。
ただし、こちらも何かしらの誤作動で赤ランプが付いてしまうことはありますので、まずは一度再起動してみることをおすすめします。
再起動後に、もしかしたら通常通りの緑ランプに戻るかもしれません。

iQOS(アイコス)ポケットチャージャーの再起動の方法

ポケットチャージャーに赤ランプが点滅したら、まずは再起動を試してみましょう。

iQOS(アイコス)ポケットチャージャーの電源ON・OFFボタンとその隣にあるボタンを同時に長押しすることで、iQOS(アイコス)ポケットチャージャーの再起動がスタートします。

この手順で再起動を行ない、チャージャーのランプの色が赤で点滅したままの場合には故障の可能性が非常に高くなります。

iQOS(アイコス)が故障したらサポートセンターへ


再起動などの対処法を行なっても赤ランプの点滅したままや、チャージャに赤ランプがついたままになる場合には、速やかにサポートセンターに連絡をしましょう。

保証期間内に保証の対象となる故障であれば無償交換も可能です。

サポートセンターについてはメールだとかなり返信までに時間が掛かってしまう場合があるそうですので電話での相談をおすすめ致します(サポートセンターの電話番号については公式サイトを参照)

電話での対応についても繋がるまでに長くて30分程度時間が掛かる場合がありますので、お昼休みなどに掛けるよりかはまとまった時間がある際にお問い合わせの電話をする事をおすすめします

なかなか使えない状態が続いて焦ってしまう部分もあったかと思いますが、きちんと対応して貰う事は出来ますので安心して上記の内容を参考に対処して頂ければと思います

この記事をSNSでシェア☆

>>iQOS・プルームテック・glo関連の最新の商品情報は下記を参照して下さい

「旧型 iQOS 本体キット ホワイト」

「旧型 iQOS 本体キット ネイビー」

「新型iQOS2.4PLUS 本体キット ホワイト」

「新型iQOS2.4PLUS 本体キット ネイビー」

「新型iQOS2.4PLUSホワイト2個セット」

「国内正規品 iQOS サファイアブルー」

「国内正規品 iQOS ローズピンク」

「欧州限定版 iQOS ボルドーレッド」

「PloomTECH スターターキット」

「C-TEC DUO」

>>ニコチン0タール0の「C-TEC DUO」の詳細ページを見る

「gloスターターキット」

「GABRIVELLA アイコスケース」

「Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS SILICONE CASE」

「Fantastick iSuit Case 2nd for iQOS SILICONE CASE」

「Fantastick Diary Leather for Ploomtech」

「Fantastick Diary Denim Case for Ploomtech」

「Fantastick Ring Sleeve for glo」

「Fantastick Flap Case for glo」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA