アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)に副作用があるはウソ?ホント?

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

一般的な紙タバコと比較すると有害物質が9割も削減されているといわれているiQOS(アイコス)に、健康を考えて利用を検討しているという方もいるのではないでしょうか。

一見「健康への悪影響が少ない」というイメージのあるiQOS(アイコス)も、実際利用した方の中には「身体に合わなかった」という口コミを見つけることもできます。

また、中にはiQOS(アイコス)を利用して副作用のような症状が起こったという口コミも目にすることがあります。

iQOS(アイコス)を利用した場合に起こる副作用とは、一体なんなのでしょうか?

今回は、iQOS(アイコス)により起こる副作用について詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)を吸うと副作用が起こる?

通常の紙タバコと比較しても、有害物質が9割減とされているiQOS(アイコス)ですが、身体への悪影響が全くないという訳ではありません。

また上記の口コミのように、iQOS(アイコス)を吸うことで不調を訴えている人も少なからず見つけることができます。

iQOS(アイコス)成分の詳細は未公開

実はiQOS(アイコス)のヒートスティックには成分の詳細は記載されておらず、ニコチンやタールがどれくらい入っているかというのはまだまだ未知数のようです。

そのため、今年に入ってから「iQOS(アイコス)には紙タバコよりも発がん性物質が多く含まれている」などの噂も流れるようになりました。

これは、アメリカの1研究機関が発表した検証結果の一部が、日本で有害性のみがフォーカスされた形で、翻訳され発表された結果です。

また、この検証に関してはiQOS(アイコス)を取り扱っているフィリップ・モリス社も、「検証が公平に行なわれていなかった」などの指摘をしていますので、全てを信用して良いものかどうかはかなり疑わしいところです。

iQOS(アイコス)の有害性に関しての結論を出すためには、今後更なる検証が必要になってくるでしょう。

iQOS(アイコス)による副作用はなぜ起こるの?

成分が未知数という中で、iQOS(アイコス)を吸ったことで吐き気やめまい、頭痛などの症状が出た場合、不安になる方も多いと思います。

そこで、iQOS(アイコス)により不調を訴えた方の、考えられるおもな原因をいくつかあげてみました。

原因①iQOS(アイコス)の利用に慣れていないため

たとえば、生まれて初めてタバコを吸った時のことを思い出してみてください。

今では考えられないくらいクラクラしたという方も多いのではないでしょうか。初めてタバコを吸った時に、めまいや頭痛などを感じた方もいると思います。

タバコは身体に異物を入れている状態ですので、このような症状が起こる可能性があります。

それと同じことがiQOS(アイコス)を利用したことで起きている可能性が考えられます。

iQOS(アイコス)は有害物質が通常の紙タバコよりも少ないとはいわれていますが、ニコチンが含まれていることが分かっている以上、必ずしも無害ではありません。

そのため、iQOS(アイコス)の成分に身体が慣れておらず、副作用を起こすような状態になって体調不良を訴える方もいるようです。

このような原因の場合は、タバコ同様にiQOS(アイコス)を利用していくと次第に身体が慣れていくと考えられます。

ただし、根本的に合わないということも考えられますので、無理に利用を続けることは禁物です。

原因②iQOS(アイコス)特有の匂いが身体に合わない


iQOS(アイコス)独特の匂いで頭が痛くなったり、吐き気を起こすという方もいます。

iQOS(アイコス)は、通常の紙タバコと比較してもタールの量がかなり少なくなっているため、タバコ特有の「ヤニ臭さ」というものはありません。

しかしiQOS(アイコス)には、このタールのヤニ臭さではない独特の匂いがあるといわれています。

特にiQOS(アイコス)の匂いとして表現されるのが、「焼き芋の匂い」や「パン屋の匂い」というもので、好き嫌いがかなり大きく分かれる匂いのようです。

利用していくうちに徐々に慣れるという意見もありますが、あくまでも相性の問題もありますので、利用して具合が悪くなるようであれば、使用中止をおすすめします。

まとめ iQOS(アイコス)の副作用はまだまだ未知数

一般的な紙タバコに比べて有害物質が少ないといわれているiQOS(アイコス)ですが、成分の詳細が分かっていないことからも、副作用に関することはまだまだ未知数となっています。

基本的には、ニコチンが含まれているのが分かっていることからも必ずしも有害物質が0であるというわけではなさそうです。

また、iQOS(アイコス)に関する発がん性物質の危険性が、紙タバコよりも何倍も高いなどの噂が流れた時期もありましたが、検査などを公平な状態で行なっていなかったことなどが発覚しているため、正確な情報とはいいきれません。

一方で、iQOS(アイコス)を吸うことでめまいや吐き気、頭痛などを口コミで訴えている方も存在します。

iQOS(アイコス)の利用は、通常の紙タバコ同様に身体との相性により不調を伴う可能性がありますので、具合が悪くなってしまったら無理に使用を続けずに、一旦使用をストップして、様子をみるようにしましょう。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.