アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法は?無償交換はできる?

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

現在も全国的に品薄状態が続いており、入手困難となっているiQOS(アイコス)ですが、やっと手に入れたiQOS(アイコス)をなくしてしまったとお困りの方はいませんか?
せっかく手に入れたiQOS(アイコス)を、なくしてしまうと本当に困ってしまいますよね。
紛失したiQOS(アイコス)を何とか取り戻す方法はないのでしょうか。
今回は、iQOS(アイコス)を紛失してしまった時の対処法や無償交換が可能かどうかについて調べてみました。

iQOS(アイコス)は紛失しやすい

iQOS(アイコス)のサイズは長さがおよそ11cm、幅がおよそ5cmとロングサイズのタバコの箱程度の小さなものです。

またお酒の場での利用も多いことか、らうっかり落としてしまったり、どこかに置き忘れてしまったという方も多くなっています。

重さも12gほどしかありませんので、洋服のポケットに入れておいて落としたのに暫く気がつかなかったというパターンもあるようです。

iQOS(アイコス)の紛失による無償交換はできるの?

やっと手に入れたiQOS(アイコス)を紛失してしまうと、サポートセンターに連絡をとって無償交換をしてもらえたら嬉しいですよね。

しかし、残念ながら紛失の場合にはiQOS(アイコス)の無償交換の対象ではありません。

そのため「iQOS(アイコス)をなくしてしまったので新しいものを送ってください。」といったところで新しいiQOS(アイコス)を無償で送ってくれることはありません。

紛失による無償交換が出来ないことには、以下のような理由があります。

  • 紛失は保証の対象外と決められている
  • iQOS(アイコス)の無償交換には故障品の交換が必要

よって、iQOS(アイコス)を紛失した場合には、探すか新たに購入する必要があります。

iQOS(アイコス)紛失でも交換に成功したという口コミも

iQOS(アイコス)の無償交換は、故障した製品を送り返すことが条件の1つになっていますが、中にはiQOS(アイコス)を返却せずに交換に成功している人もいます。

これは、あくまでもiQOS(アイコス)が故障したため無償交換になったが、故障した製品を返却する前に紛失してしまったために、無償交換ができたという例です。

よってこの方法を応用し、サポートセンターに「iQOS(アイコス)のホルダーとチャージャーが故障したので無償交換してほしい。」と相談し、交換品が届いてから「iQOS(アイコス)を紛失してしまった。」と伝えれば、無償交換に成功する可能性があります。

ただし、無償交換にはいくつかハードルあり

先ほど説明した通り、iQOS(アイコス)紛失により無償交換ができる可能性というのは、全くないわけではありません。

しかし、紛失した上で無償交換を行なうにはいくつか超えなければならないハードルがあります。

保証が受けられることが大前提

iQOS(アイコス)の無償交換を受けるためには、iQOS(アイコス)の公式サイトからの会員登録が済んでいる必要があります。

会員登録をしていない方は、そもそもiQOS(アイコス)の保証を受けることはできませんので注意してください。

また、iQOS(アイコス)では保証期間も設けられていますので、期間切れの場合は利用することができません。

自分の保証期間がいつまでなのかをしっかりチェックしておくことが大切です。

製品番号が分からなければ交換はできない

iQOS(アイコス)の保証期間内であっても、製品番号が分からない場合には交換ができません。

iQOS(アイコス)の製品番号は、ポケットチャージャーとホルダー本体にそれぞれの番号が記載されています。

製品番号がわからないと無償交換は利用できませんので、まだiQOS(アイコス)が手元にある方は、番号を今のうちに控えておくことをおすすめします。

「製品番号が擦れて消えてしまい、読めない。」という言い訳で通る可能性もありますが、怪しまれる可能性は十分にあります。

虚偽の報告がバレた時のリスク

また、虚偽の報告をしたことがバレた場合にはどうなるかは分かりません。iQOS(アイコス)側のブラックリストに掲載される可能性もあります。

紛失時の無償交換には、リスクが伴うことや自己責任になってしまうことを忘れないように、十分注意してください。

iQOS(アイコス)紛失に関するまとめ

iQOS(アイコス)は、ロングサイズのタバコのパッケージと同じくらいの小さなもので、ポケットなどにも気軽に入れておけるため、なくしやすいものです。

うっかり、iQOS(アイコス)を紛失しても、iQOS(アイコス)の紛失は保証の対象外となっているため、無償交換を受けることはできません。

ただし、保証期間内の故障などの条件が揃っていれば無償交換が可能となり、たとえ紛失でも故障を装ってしまえば無償で交換できる方法はあります。

しかし、その方法を実行するためには虚偽の報告をiQOS(アイコス)側にする必要があったり、ウソがバレた時のリスクが高めだったりと、おすすめできるような方法ではありません。

また、実際にそのような方法を実行するのであれば、あくまでも自己責任となりますので十分注意が必要です。

また、iQOS(アイコス)自体も以前に比べると、少しずつですが普及在庫数は増えています。

iQOS(アイコス)ストアでの予約も比較的とりやすくなってきましたので、iQOS(アイコス)を紛失した場合には、新たに購入する方法を検討してみるのがよいでしょう。

 

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.