アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法は?無償交換できるのかを分かりやすく解説

投稿日:2022年2月7日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

煙の出ない加熱式タバコ・電子タバコの中でも人気のあるiQOS(アイコス)。

外出先などに持ち歩くことも多いiQOS(アイコス)ですが、突然の紛失に困っているという人もいるのではないでしょうか。

iQOS(アイコス)は故障の時に無償交換に対応してくれるようですが、紛失でも無償交換に対応してもらえるのかも気になるところです。

ここでは、iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法や無償交換できるのかについて詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法は?無償交換できるのかを分かりやすく解説

iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法は?

iQOS(アイコス)を紛失してしまったら、まずは紛失した心当たりの場所を探すところから始めましょう。

自分である程度心当たりのある紛失場所を探してみて、iQOS(アイコス)がなければ次のような対処法をとっていきましょう。

iQOS(アイコス)をコンビニやレストランなどで紛失した可能性がある場合

コンビニやレストランなど利用した店舗で紛失した場合には、お店の店員やスタッフの方にiQOS(アイコス)の届がないかをまずは確認してみてください。

紛失場所が百貨店などの場合には、落とし物コーナーが設けられている可能性もあります。

また紛失したiQOS(アイコス)の特徴や製品番号などとともに、見つかった場合の連絡先を伝えておきましょう。

iQOS(アイコス)を電車内や駅で紛失した可能性がある場合

電車内やバス内、駅構内などでiQOS(アイコス)を紛失した場合には、利用した交通機関の落とし物センターなどに問い合わせてみるのがおすすめです。

忘れ物をした時の日時・乗車した路線・紛失した心当たりのある場所などをわかる範囲で伝えてください。

駅や電車・バス車内はiQOS(アイコス)を含む電子タバコの落とし物が多いため、大きな特徴がないと見つけるのが困難になります。

黒などの無難な色の電子タバコで製品番号もわからないような場合には見つかる可能性が下がりますが、オリジナルデザインのものや製品番号がはっきりとわかるものに関しては見つかる可能性が高いといえるでしょう。

iQOS(アイコス)を特定の施設外で紛失した可能性が高い場合

お店の店舗内や駅構内など、紛失した場所が特定できている場合には、iQOS(アイコス)が見つかる可能性も十分に考えられます。

しかしiQOS(アイコス)を屋外で紛失した場合には、見つかる可能性はかなり下がるでしょう。

屋外でiQOS(アイコス)を紛失してしまった場合には、iQOS(アイコス)を紛失した可能性のある最寄の警察署や交番にて落とし物届けをだしておくのがおすすめです。

この時に紛失したiQOS(アイコス)の特徴や製品番号などわかることをしっかりと伝えておきましょう。

SNSのチェックや拡散も効果あり

紛失したiQOS(アイコス)を見つける可能性を上げるために、無くした場所のキーワードを入力してSNSをチェックしてみるのもおすすめです。

iQOS(アイコス)を拾った人などがTwitterなどで落とし物に関するiQOS(アイコス)情報を投稿している場合などもあります。

たとえば駅でiQOS(アイコス)を落とした場合にはTwitterなどのSNSで「iQOS 〇〇駅 落とし物」などで検索をかけると見つかる場合もあるでしょう。

また「拡散希望」として「〇〇駅でiQOS(アイコス)を落としました。特徴は...」など投稿しておくと、情報を寄せてくれるユーザーがいるかもしれません。

iQOS(アイコス)を紛失しても無償交換はできない

紛失したiQOS(アイコス)の製品登録をしている人であれば、保証期間内の無償交換での対応を期待している人もいるでしょう。

しかしiQOS(アイコス)に付帯している製品保証は、iQOS(アイコス)紛失の場合には補償の対象外となってしまいます。

そのためiQOS(アイコス)を紛失してしまった場合には、新規購入にて対応ということになってくるでしょう。

iQOS(アイコス)では実際の購入前に使い心地などが試せる無料レンタルサービスも行なっていますが、レンタル品も紛失した場合には買取となります。

紛失に関しては、無料の補償は全く効かなくなりますので注意してください。

iQOS(アイコス)を紛失して警察署に届いた場合にはサポートセンターから連絡がくる

紛失したiQOS(アイコス)がお届け物として警察署などに届けられた場合、iQOS(アイコス)のカスタマーサポートセンターから連絡が入る場合もあります。

紛失したiQOS(アイコス)の製品番号がわかる場合に限りますが、製品番号からiQOS(アイコス)カスタマーサポートセンターがユーザーを調べて連絡をくれるというパターンです。

このようなことからも購入したiQOS(アイコス)は会員登録と製品登録を行なっていることによって、紛失時に手元に戻ってくる可能性が高くなります。

逆にiQOS(アイコス)に製品登録を行なっておらず、紛失したiQOS(アイコス)の製品番号がわからないという場合には、見つかる可能性は極めて低くなってしまうでしょう。

iQOS(アイコス)を新規で購入した際には、紛失などのリスクに備えてiQOS(アイコス)の製品登録を行なっておくのがおすすめです。

iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法は?無償交換できるのかを分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)を紛失した時の対処法や無償交換できるのかについて詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)を紛失した際にはまずは心当たりの場所を探し、見つからない場合には施設内の係の人に届け出を出しましょう。

また最寄の警察署などに落とし物の相談をしてみるのもおすすめです。

iQOS(アイコス)を紛失した際には無償交換の対象外となってしまいますが、iQOS(アイコス)への製品登録を行っておくと、落とし物の届け出があった際にiQOS(アイコス)が手元に戻りやすくなります。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.