iQOS(アイコス)と普通のたばことの違いとは?

喫煙者の方の中には電子タバコであるiQOS(アイコス)が気になっているという方もいるのではないでしょうか?

健康への悪影響が普通のたばこよりも少なそうに見えるiQOS(アイコス)ですが、実際に普通のたばこと比較してどのような違いがあるのでしょうか?

今回は、電子タバコであるiQOS(アイコス)と普通のたばことの違いについて調査してみました。

iQOS(アイコス)と普通のたばこの違いはなに?


iQOS(アイコス)と普通のたばこには、以下のような大きな違いがあります。

  • 有害物質の含まれる量の違い
  • 火を使うか熱を使うかの違い
  • 煙の違い
  • 匂いの違い
  • 充電が必要であるかどうかの違い

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

有害物質の含まれる量の違い

iQOS(アイコス)の大きな特徴の1つとして、通常の紙タバコよりも有害物質9割減という特徴があります。

そのため、現在紙タバコを利用している方が、自分の将来の健康を考えてiQOS(アイコス)に移行するという流れができているようです。

また有害物質が少ないということは、家族や周囲の方への受動喫煙のリスクを減らすことも出来るため、周囲の人々への気遣いから、iQOS(アイコス)を利用し始めるという方もいます。

ただし、iQOS(アイコス)のヒートスティックにもニコチンなどの成分が含まれていますので、有害物質が全く含まれていないわけではないので、注意しましょう。

火を使うか熱を使うかの違い

普通のタバコの場合、先端のタバコの葉が入った部分を火で加熱して利用しますが、iQOS(アイコス)は火を使いません。

iQOS(アイコス)のホルダー(本体)部分に内蔵されている加熱ブレードが発熱し、差し込んであるヒートスティックを加熱して利用できるようになっています。

火を使わない分、火災などを防止することができ、普通のたばこよりも安全であるといわれています。

ただし加熱ブレードに関しては350度程度まで温度が上がるため、加熱した直後のヒートスティックをそのままごみ箱などに捨ててしまうと、火災の原因に繋がることがあります。

「iQOS(アイコス)は火事の心配はない」と油断せずに、ヒートスティックはしっかり熱を冷ましてから捨てるようにしてください。

煙と水蒸気の違い


火を使わないiQOS(アイコス)は、煙のでない電子タバコとして、周囲への受動喫煙の心配を大幅に減らすことができるとされています。

iQOS(アイコス)を吸った時に出る、白い煙のようなものは水蒸気でありベイパーと呼ばれています。

また、iQOS(アイコス)には普通のタバコに含まれているタールが大幅に削減されているため、煙によって部屋や壁などを汚す心配もほとんどありません。

ただし、先ほども説明したように有害物質が全くの0ではないため、受動喫煙や有害物質の心配は少なからず存在しています。

匂いの違い

普通のたばこを吸うと、燃えたタールの成分が煙に含まれており、たばこ特有のヤニ臭さを感じますよね。

このタバコのヤニ臭さが、苦手という非喫煙者の方も多いようですが、iQOS(アイコス)では、このヤニ臭さの元となるタールが少ないため、ヤニの匂いがしません。

タバコ独特の匂いがしないiQOS(アイコス)は、匂いが少ないともいわれていますが、逆に普通のたばことは違うiQOS(アイコス)特有の匂いが気になるという方もいます。

普通のタバコの匂いがいいか、iQOS(アイコス)の匂いがいいかは好みの問題にはなりますが、それぞれに独特の匂いがあります。

充電が必要であるかどうかの違い

普通のたばこの場合、火をつけるだけで利用ができますが、iQOS(アイコス)は充電式の精密機械になりますので、利用するためには充電が必要になります。

そのため充電をついつい忘れてしまうと、使えなくなることもあり不便に感じてしまう人もいるようです。

また普通のたばことは違い、故障などのリスクもありますので、iQOS(アイコス)が故障して普通のたばこに戻したという方も少なからずいるようです。

iQOS(アイコス)と普通のたばこの違いまとめ

普通のタバコからiQOS(アイコス)に変えた方が何となく身体には良さそうだけど、実際何が違うのかよく分からないという方は意外と多いものです。

iQOS(アイコス)と普通のたばこは細かい部分では色々と違いがあるのですが、大きな違いを言ってしまえば「有害物質の量」「加熱方法の違い」「匂いの違い」「煙の違い」「精密機械であるかどうか」などの違いがあります。

また、普通のたばこによってもたらされるデメリットを、上手にカバーしながらタバコを楽しめるようにしたものがiQOS(アイコス)ですので、普通のたばこよりもiQOS(アイコス)の方が人体や環境への配慮がされているといえます。

ただしiQOS(アイコス)には、普通のたばこにはない充電が必要になり、充電が切れてしまえば利用ができなくなってしまうというデメリットもあります。

これからiQOS(アイコス)を利用しようと検討している方は、このようにiQOS(アイコス)と普通のたばこそれぞれのメリット・デメリットをよく理解した上で、どちらを利用するかを考えてみてくださいね。

この記事をSNSでシェア☆

>>iQOS・プルームテック・glo関連の最新の商品情報は下記を参照して下さい

「旧型 iQOS 本体キット ホワイト」

「旧型 iQOS 本体キット ネイビー」

「新型iQOS2.4PLUS 本体キット ホワイト」

「新型iQOS2.4PLUS 本体キット ネイビー」

「新型iQOS2.4PLUSホワイト2個セット」

「国内正規品 iQOS サファイアブルー」

「国内正規品 iQOS ローズピンク」

「欧州限定版 iQOS ボルドーレッド」

「PloomTECH スターターキット」

「C-TEC DUO」

>>ニコチン0タール0の「C-TEC DUO」の詳細ページを見る

「gloスターターキット」

「GABRIVELLA アイコスケース」

「Fantastick EXTREME PROTECTOR for iQOS SILICONE CASE」

「Fantastick iSuit Case 2nd for iQOS SILICONE CASE」

「Fantastick Diary Leather for Ploomtech」

「Fantastick Diary Denim Case for Ploomtech」

「Fantastick Ring Sleeve for glo」

「Fantastick Flap Case for glo」