アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性はある?ない?

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

紙タバコによる健康被害を改善するために、これからiQOS(アイコス)を利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

紙タバコよりも健康への悪影響が少ないというイメージのあるiQOS(アイコス)ですが、実際にiQOS(アイコス)で弊害が起きることがあるのかどうかは気になるところです。

そこで今回は、iQOS(アイコス)を利用して弊害が起きる可能性があるのかについて詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性はある?ない?

紙タバコで受ける健康被害を心配して、iQOS(アイコス)に乗り換えしたというiQOS(アイコス)ユーザーも多くなっています。

そして実際に紙タバコからiQOS(アイコス)に変えて体調がよくなったと、効果を実感している人も多いようです。

特に多いのが喉の痛みがなくなったという口コミで、紙タバコを利用していた時には咳や喉の痛みに悩まされていたという方もiQOS(アイコス)に変えてから調子がよくなったという声が多数上がっています。

しかしiQOS(アイコス)は無害ではない

紙タバコからiQOS(アイコス)に変えたことで、健康的になったという口コミは多くなっていますが、iQOS(アイコス)にはニコチンが含まれていたり、成分の詳細が明らかではない部分もあります。

そのためiQOS(アイコス)は絶対に安全だとはいいきれず、何かしらの弊害が起こる可能性もあります。

iQOS(アイコス)の匂いで頭痛がする

iQOS(アイコス)で起きる弊害としてよく口コミに上がってくるものが、iQOS(アイコス)特有の匂いで頭痛がするというものです。

iQOS(アイコス)には紙タバコに含まれているタールがほとんど含まれていないため、紙タバコにある「ヤニ臭さ」というものがありません。

また、iQOS(アイコス)から出る煙のようなものも水蒸気ですので、受動喫煙のリスクも大幅に下げることができます。

しかし、iQOS(アイコス)には紙タバコにはない独特の匂いがあり、この匂いがかなり好き嫌いが分かれるような匂いになっています。

そのためiQOS(アイコス)の匂いが平気な人にとっては、全く問題ありませんが、匂いが嫌いな人にとっては、頭痛や吐き気を引き起こす原因になってしまうことがあります。

iQOS(アイコス)の匂いが合っているかどうかは、利用してみないと分からないことなので、一度アイコスストアに来店し、試飲してみるのもおすすめです。

また、利用者本人が問題ない場合でも、非喫煙者はよりiQOS(アイコス)の匂いに敏感な方も多くなっています。

そのため、iQOS(アイコス)を利用する時には、非喫煙者の前では吸わないようにするなど、紙タバコ同様のエチケットが必要です。

紙タバコの匂いに敏感になるという弊害も

これは決して悪いこととはいえないと思いますが、iQOS(アイコス)にはタールがほとんど含まれていないため、紙タバコの「ヤニ臭さ」を感じることがありません。

そのせいで紙タバコからiQOS(アイコス)に移行することで、タバコの匂いを臭いに敏感になってしまうことがあります。

最終的に禁煙を目指す方であれば、タバコの匂いに嫌悪感を抱くということもメリットではありますが、iQOS(アイコス)は喫煙所での利用が多いので、タバコの匂いを我慢しながらの利用も多くなりそうです。

また、iQOS(アイコス)と紙タバコの併用で、紙タバコが吸えなくなるという弊害もあります。

こちらも禁煙を目指している方であればメリットになる可能性もありますが、たまたまiQOS(アイコス)を切らしていてタバコを吸ったら気分が悪くなったという声も上がっています。

iQOS(アイコス)に慣れすぎると、紙のタバコに違和感を感じてしまう人も多いようですね。

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性はある?ない?に関するまとめ

紙タバコよりも体に与える影響が少ないというイメージのあるiQOS(アイコス)ですが、iQOS(アイコス)に切り替えることで紙タバコの時にはなかった弊害が起きることはあるようです。

たとえば、紙タバコ特有のヤニ臭さがiQOS(アイコス)にはない代わりに、iQOS(アイコス)特有の匂いがヤニ臭さよりも苦手という方もいます。

そしてその匂いが、頭痛や吐き気を引き起こしてしまうという弊害が起こることがあります。

また、iQOS(アイコス)の有害物質は0ではないので、利用者との相性によっては、何かしらの弊害がでる可能性も考えられるでしょう。

iQOS(アイコス)の利用をいきなり始めるよりは、アイコスストアなどで試飲を行ない、体に合うか合わないかを一度試してみるのもおすすめです。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.