アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性を分かりやすく解説

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

紙巻きタバコによる健康被害を考慮して、iQOS(アイコス)への切り替えを検討している人も多いでしょう。

紙巻きタバコよりも健康的というイメージのあるiQOS(アイコス)ですが、iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性はないのでしょうか。

まだまだ情報の少ないiQOS(アイコス)ですが、できるだけ健康に関する情報は利用前に取得しておきたいものですよね。

そこで今回は、iQOS(アイコス)で弊害が起きることがあるのか詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性を分かりやすく解説

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性はある

煙の出ない加熱式タバコとして人気を集めているiQOS(アイコス)。

iQOS(アイコス)は紙巻きタバコに含まれる有害物質が9割カットされているといわれており、紙巻きタバコの健康被害を気にしている人にとっては画期的な製品だと言われています。

iQOS(アイコス)を販売するフィリップモリス社も、紙巻きタバコに比べて有害物質が9割カットされていると公言しているようです。

しかし紙巻きタバコの有害物質が9割カットされているからといって、iQOS(アイコス)が紙巻きタバコに比べて病気になるリスクや弊害が9割減少するというわけではありません。

第三者機関の研究によればiQOS(アイコス)などの加熱式タバコから出る有害物質の量は、紙巻タバコと比べて、少ない物質とそうでもない物質があり、有害物質の種類は同様だといわれています。

つまりiQOS(アイコス)には紙巻きタバコには含まれていない有害物質が含まれている可能性もあるようです。

よってiQOS(アイコス)を利用することで健康被害など、何かしらの弊害がでる可能性も十分に考えられるといえるでしょう。

iQOS(アイコス)の詳細な成分に関しては公表されていないものも多い

iQOS(アイコス)に含まれる有害な物質に関してですが、ニコチン以外には具体的にどんな成分が含まれているのか公表されていないものも多くなっています。

iQOS(アイコス)の有害物質がはっきりとわかっていない部分も多いため、今後健康被害などの弊害となるような物質が発表される可能性も考えられるでしょう。

またiQOS(アイコス)公式サイトの中にある「安全上の注意事項」の中には、以下のような一文もみられました。

  • ユーザーによっては、腹痛、胸痛、息苦しさ、咳、呼吸困難、めまい、口・喉の渇き、歯肉炎、頭痛、倦怠感、鼻づまり、吐き気、口内炎、動悸、喉の炎症および嘔吐を引き起こす可能性があります。
  • ご自身の健康状態に照らしてIQOSおよびリル ハイブリッドやたばこスティックの使用の是非について疑問がある場合には、医療専門家にご相談ください。

このようなことからiQOS(アイコス)公式側も、ユーザーの体質によっては何かしらの弊害が出てしまう可能性があると公表しています。

また何かしらの弊害が出た場合には医療専門家に相談するようにという案内も出ているようです。

iQOS(アイコス)で弊害が起きた人はいるのか?口コミを調査

iQOS(アイコス)を利用している人の中には、iQOS(アイコス)を利用していて何かしらの弊害がでた人がいるのでしょうか。

実際にiQOS(アイコス)利用中に何かしらの弊害が出たと感じる人の口コミを集めてみました。

iQOS(アイコス)利用中に表れた弊害に関する口コミ

iQOS(アイコス)の利用で体調不良などの弊害を起こす人を口コミで何人か見つかりました。

内容としては腹痛やめまい、頭痛などの弊害が多くなっている印象です。

iQOS(アイコス)の利用をやめると体調が治るという人の場合、iQOS(アイコス)の何かしらの成分が体調に影響を及ぼしている可能性が高いといえるでしょう。

非喫煙者がiQOS(アイコス)の蒸気や匂いで弊害が起きたという口コミ

iQOS(アイコス)利用で身体への弊害を訴える人の口コミは、iQOS(アイコス)利用者本人よりもiQOS(アイコス)を利用してない非喫煙者の方が多い印象です。

こちらの方も、周りの人がiQOS(アイコス)を吸うことによって体調が悪くなってしまうという口コミをしています。

iQOS(アイコス)で体調に弊害が出てしまう人の大きな原因として最近挙げられることが多くなってきたのが「化学物質過敏症」という症状です。

化学物質過敏症とは身の回りにある製品に含まれるごくごく微量の化学物質が原因となり、頭痛や吐き気、腹痛など、身体的・精神的な症状が現れてしまうというものになっています。

化学物質過敏症は、まだまだ具体的な病気の仕組みなどが明らかになっていないため検査しても具体的な診断や対処法を受けるのは難しくなっているようです。

iQOS(アイコス)を吸って弊害が治ったという口コミ

ここまでiQOS(アイコス)を利用することで弊害が生じた人の口コミを紹介してきました。

しかし中には紙巻きタバコからiQOS(アイコス)へ移行したことで、頭痛などの弊害が軽減されたという意見もあります。

先ほども解説した通り、iQOS(アイコス)には紙巻きタバコに含まれていない有害物質が入っている可能性がありますが、紙巻きタバコに含まれている有害物質が削減されているというのも事実です。

よって、体質によっては紙巻きタバコからiQOS(アイコス)に変えることで長年悩まされていた弊害が改善されたという事例もあります。

iQOS(アイコス)で弊害が起きる可能性を分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)で弊害が起きることがあるのか詳しく調べてみました。

紙巻きタバコの有害物質が9割カットされているといわれているiQOS(アイコス)ですが、実際に含まれている成分に関してはまだまだわからない部分も多くなっています。

そのためiQOS(アイコス)に含まれる特有の成分によって、頭痛や腹痛などの弊害を感じる人も中にはいるようです。

体質によっても合う合わないがありますので、iQOS(アイコス)を利用して体調不良を感じたら、利用を中断して症状に合わせてかかりつけの医師に相談してみるのもよいでしょう。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.