アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングと対処法を分かりやすく解説

投稿日:2022年2月10日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

煙の出ない加熱式タバコとして人気のあるiQOS(アイコス)。

そんなiQOS(アイコス)を利用している人の中には、iQOS(アイコス)の寿命が気になるという人もいるでしょう。

iQOS(アイコス)は電子機器ですので必ず寿命があり、新品に交換しなければならないタイミングがあります。

ここでは、iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングと対処法について詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングと対処法を分かりやすく解説

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングはいつ?

iQOS(アイコス)は電子機器ですので必ず寿命が訪れて使えなくなる日がきます。

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングについては、利用しているユーザーの使用頻度や使用方法などによってもかなり変わってくるようです。

またもともと利用している製品ごとの故障のタイミングなどもあるので、必ず寿命がどれくらいでくるという断定ができません。

iQOS(アイコス)ユーザーの口コミなどをみていると、iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングは購入日から1年程度という人が多いようです。

しかし中にはiQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングが数ヶ月で来るという人もいます。

そして逆にiQOS(アイコス)が寿命を迎えたタイミングは、購入から1年以上経過してからだったという人もみられました。

寿命が長いユーザーのiQOS(アイコス)だと、購入から3年くらいで寿命がきたという人もいるようです。

iQOS(アイコス)の製品自体の耐久性などもあるかもしれませんが、やはり毎日何度も利用するヘビーユーザーよりはたまにiQOS(アイコス)を利用する程度の人の方がiQOS(アイコス)の寿命は長くなる傾向があります。

iQOS(アイコス)を購入したら寿命はおよそ1年前後と考えておくのがよさそうです。

iQOS(アイコス)が寿命を迎えた場合の対処法

iQOS(アイコス)が寿命を迎えてしまった場合、いきなり毎日使っていたiQOS(アイコス)が使えなくなって困るという人も多いでしょう。

ここではiQOS(アイコス)の寿命に備えてユーザー自身が行える対処法を紹介します。

iQOS(アイコス)に製品登録を行い急な新品購入のリスクを下げる

iQOS(アイコス)は購入時から6ヶ月の保証期間がついており、保証期間内にiQOS(アイコス)が寿命を迎えた場合、無料で新品と交換してもらえます。

iQOS(アイコス)の平均寿命が1年程度と考えると、6ヶ月を過ぎて寿命を迎えてしまった場合にはあらためて新規購入をしなければなりません。

しかしiQOS(アイコス)公式サイトに会員登録後に購入したiQOS(アイコス)の製品登録を行うことで、保証期間が6ヶ月から1年に延長されるのです。

このため購入から6ヶ月を過ぎたタイミングでiQOS(アイコス)が寿命を迎えた場合でも、製品登録を行っておけば1年以内であればiQOS(アイコス)の無料交換を受けられる可能性が高くなります。

iQOS(アイコス)の製品登録は無料で行えますので、iQOS(アイコス)を購入したらまずは公式サイトへの会員登録と製品登録を行っていきましょう。

iQOS(アイコス)の複数台持ちをして1製品あたりの寿命を延ばす

iQOS(アイコス)が寿命を迎えると、先ほどまで問題なく使用できていたのに急に利用できなくなることもあるようです。

iQOS(アイコス)の利用頻度が高い人の場合、iQOS(アイコス)が急に使えなくなってしまうと新品が届くまで困るという人もおいるでしょう。

そんな中でiQOS(アイコス)の寿命を少しでも伸ばしたい人や、iQOS(アイコス)が急に寿命を迎えて故障するリスクを軽減させたい人がやっているのがiQOS(アイコス)の2台持ちです。

正常に作動するiQOS(アイコス)を複数台同時に持っていれば、万が一どちらかのiQOS(アイコス)が寿命を迎えてしまった場合でも、新しいiQOS(アイコス)製品が届くのを待つ間も利用できるようになります。

iQOS(アイコス)を気温差の激しい場所に放置しないようにする

iQOS(アイコス)の寿命が縮まってしまう原因として、外気温の寒暖差によりバッテリーが消耗が早くなるという場合があるようです。

たとえば寒冷地などで外気温にさらされる時間が長ければその分iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングが早くなる傾向にあります。

iQOS(アイコス)の寿命をできるだけ伸ばして利用したいのであれば、できるだけ気温差の激しい場所に置かないようにすることも大切です。

寒い冬や暑い夏には人が快適に過ごせるよな室内に置いて利用することを心がけるのがよいでしょう。

iQOS(アイコス)イルマは寿命が長く故障しにくい

これまでのiQOS(アイコス)の寿命は1年程度だと言われていましたが、2021年に新たに登場したiQOS(アイコス)イルマは従来品と比べて寿命が長くなったと言われています。

これは今までiQOS(アイコス)で採用されていた加熱ブレードが廃止されたため、加熱ブレードが折れて故障するというリスクがなくなったためです。

iQOS(アイコス)イルマは掃除も不要で、故障リスクも軽減されているため、これまでのiQOS(アイコス)に比べて長持ちするというユーザーの口コミも増えています。

新規で購入したiQOS(アイコス)をできるだけ長く利用したいという人であれば、iQOS(アイコス)イルマシリーズを検討してみるのもよいでしょう。

iQOS(アイコス)イルマも従来品同様に製品登録を行えば、1年の製品保証が受けられます。

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングと対処法を分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングと対処法について詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)が寿命を迎えるタイミングはだいたい1年くらいという口コミが多くなっていましたが、使用頻度や使用状況によってもかなり変わってくるようです。

iQOS(アイコス)に製品登録を行ったり複数台持ちを行うことで、急にiQOS(アイコス)が利用できなくなるというリスクを避けることができますので、対策を行ってみてくださいね。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.