アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)の加熱ブレードの掃除方法は?

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

電子タバコのiQOS(アイコス)を利用している方が、必ず自分で行なわなければならないのが、iQOS(アイコス)のお掃除です。

iQOS(アイコス)は煙がでない電子タバコともいわれていますが、加熱式の電子タバコとなっていますので、本体の中に若干灰が残ります。

この灰の掃除をする必要があるのですが、ネックとなるのが内蔵されている加熱ブレードです。

加熱ブレードは非常に折れやすく、掃除中に誤って折ってしまったという報告が多くなっています。

この加熱ブレードを、折らずに上手く掃除する方法はないのでしょうか。

今回は、iQOS(アイコス)の加熱ブレード周辺のお掃除方法や、掃除の時の注意点などについて詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)加熱ブレード周辺の掃除は要注意!

iQOS(アイコス)は、加熱ブレードによってヒートスティックを加熱して利用するため、微量ながらも灰がでます。

その灰がiQOS(アイコス)ホルダーの内部に溜まっていってしまうため、自分で掃除する必要があります。

iQOS(アイコス)には自動クリーニング機能も付いていますが、これとは別に掃除する必要があるんですね。

そして、灰が溜まる加熱ブレード周辺を掃除している時に、うっかり加熱ブレードに接触してブレードが折れてしまうというトラブルが相次いでいます。

ブラシで掃除しているのに加熱ブレードが折れたという声も

iQOS(アイコス)を購入するとセットの中に、専用のお掃除ブラシのようなものが付属しています。

iQOS(アイコス)の掃除方法としては、ホルダーをまずは2つに分解し、分解した部分にブラシを入れてクルクルと回していくだけなのですが、この時にブラシを左右交互に回したり、回す力が強かったりすると、加熱ブレードが折れてしまうことがあります。

「そんなに力を加えてないのに折れた」という声も多く上がっていることからも、少しの衝撃でヒートスティックは折れてしまう可能性があるようです。

おすすめは、クリーニングスティックの利用

iQOS(アイコス)の加熱ブレードが衝撃に弱いからと言って掃除をしないと、味が劣化するともいわれており、衛生面でもあまりよくありません。

ブラシだと力の加減が分からなくて、加熱ブレード周りのお掃除が大変という方であれば、専用のクリーニングスティックの利用をおすすめします。

クリーニングスティックは綿棒上のお掃除アイテムで、加熱ブレード周りの細かい部分も奇麗に掃除することができます。

さらに1本使いきりなので、ブラシよりも衛生的でキレイになるのでおすすめです。

しかし、クリーニングスティックは、コンビニやタバコ屋さんでの取り扱いがないため、アイコスストアにて購入する必要があり、便利に購入できるものではないというのが少々ネックです。

クリーニングスティックの代わりに無水エタノール+綿棒もおすすめ!


近くにアイコスストアがなく、ネットでの購入も面倒という方であれば、薬局やドラッグストアで売っている無水エタノール+綿棒の組み合わせでお掃除するのもおすすめです。

無水エタノールはもともとOA機器などのお掃除に利用できるものですので、綿棒の先に無水エタノールを含ませて加熱ブレード周辺を掃除するだけで、ブラシよりも汚れをキレイに落とすことができます。

利用する綿棒は通常のものよりもベビー用を利用すると、より細かく汚れを拭き取ることができて、ヒートスティックに当たってしまう危険性も少なくなります。

薬局などで気軽に購入できる「無水エタノール+綿棒」ですが、iQOS(アイコス)の純正商品であるクリーニングスティックよりも、汚れの落ちが少々悪いという口コミも上がっているようです。

iQOS(アイコス)加熱ブレードの掃除方法に関するまとめ

iQOS(アイコス)は、加熱式の電子タバコとなっているため、微量ながら内部に灰が溜まっていきます。

自動クリーニングという機能もありますが、やはり溜まった灰を掃除するために手動でのお手入れが必要になります。

しかし、付属しているお掃除用ブラシを利用して汚れを落とそうとした時に、誤って加熱ブレードを追ってしまうというトラブルが相次いでいます。

加熱ブレードが折れてしまうと、元に戻すことは難しいため、新品の購入か保証期間内であれば無償交換になってしまいます。

加熱ブレードを折らないように掃除をするためには、iQOS(アイコス)で販売している綿棒状のクリーニングスティックがおすすめです。

細かい部分まで奇麗に掃除できて、加熱ブレードを誤って折ってしまう危険性も減らすことができます。

ただしクリーニングスティックはコンビニやタバコ屋さんでの購入ができないため、すぐに手に入れたいという方であれば、薬局などに売っているベビー用の綿棒と無水エタノールで代用することも可能です。

加熱ブレードは非常に繊細なものですので、細心の注意を払って掃除するようにしてくださいね。

 

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.