アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったことを分かりやすく解説

投稿日:2022年2月15日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

煙の出ない電子タバコ・加熱式タバコとして人気を集めているiQOS(アイコス)。

そんなiQOS(アイコス)を使ってみたい人の中には、iQOS(アイコス)利用での体の変化が気になるという人もいるでしょう。

紙巻きタバコから健康面を考慮してiQOS(アイコス)に移行する人も多くなっていますが、実際にどのような変化があるのでしょうか。

ここではiQOS(アイコス)で体が変化するのか?利用を始めて変わったことについて詳しく解説していきます。

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったことを分かりやすく解説

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったこと 紙巻きタバコの匂いや味の感じ方への変化

紙巻きタバコからiQOS(アイコス)へ移行した人の中で、体の変化感じている人の多くが、紙巻きタバコの匂いがキツく感じるようになったというものです。

またiQOS(アイコス)に移行した人の中には臭いだけではなく、紙巻きタバコの味が美味しく無くなったという人も多くなっています。

紙巻きタバコは紙に巻かれたタバコの葉を火で燃やすことによって発生する煙を吸っていきますよね。

燃やされたタバコの葉の中には、タールや一酸化炭素が含まれているため、紙巻きタバコ特有の「ヤニ臭さ」を感じることが多くなっています。

一方、iQOS(アイコス)はiQOS(アイコス)ホルダー内で加熱された(蒸されたという状態)ヒートスティックが蒸気を発し、その蒸気を吸って利用するものです。

よってiQOS(アイコス)には紙巻きタバコのようなヤニ臭さがありません。

タールの発生しないiQOS(アイコス)でヤニ臭さをしばらく感じていなかったところから、紙巻きタバコを再び利用すると、ヤニ臭さやヤニの味を敏感に感じ取るため紙巻きタバコが「臭い」「まずい」と感じるようになるようです。

iQOS(アイコス)ユーザーの中には、紙巻きタバコからiQOS(アイコス)に移行し、さらにニコチンの含まれない電子タバコに移行して最終的に禁煙を成功させたという人も多くなっています。

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったこと 喉の痛みや咳・痰などの現象

iQOS(アイコス)を利用し始めた人の体の変化の中には、紙巻きタバコを吸っていた時のような喉の痛みや咳・痰などの症状が治ったという人も多くなっています。

 

紙巻きタバコからiQOS(アイコス)を利用し始めて、体の中でも喉に変化を感じる人が多いのは、紙巻きタバコに含まれるタールが原因である可能性が高いでしょう。

iQOS(アイコス)はホルダー内でヒートスティックが加熱されて蒸気を発し、その蒸気を吸い込むという形で利用していく加熱式タバコです。

紙巻きタバコのようにタバコの葉に火をつけて利用することがありませんので、タールの量が大幅にカットされていると言われています。

タールは粘着性の有害物質であり、口内に張り付いて喉の痛みや咳・痰などを誘発する場合があるようです。

紙巻きタバコに比べてタールが軽減されて、喉の痛みや咳・痰がでにくくなっている可能性が高いといえるでしょう。

よって紙巻タバコを利用している人の中で喉の痛みが気になるという人であれば、iQOS(アイコス)を試してみるのがおすすめです。

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったこと 肌が綺麗になった

iQOS(アイコス)を利用して体の変化を感じ始めた人の中には、紙巻きタバコを利用していた時よりも肌が綺麗になったと感じる人もいるようです。

紙巻タバコの有害物質の中には、血行を悪くして肌荒れの原因に繋がるものも含まれています。

紙巻タバコの有害物質が9割削減されているといわれるiQOS(アイコス)では、肌荒れに繋がるリスクも紙巻きタバコに比べて大きく下がりますので、肌が綺麗になったという体の変化を感じている人もいるようです。

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったこと 逆に腹痛や頭痛に悩まされる人も

iQOS(アイコス)の利用を始めて感じる体の変化の中で、ここまで良い変化を感じた人の口コミを紹介してきました。

しかし紙巻きタバコからiQOS(アイコス)に移行した人の中には、悪い意味で体に変化を感じるという人もいるようです。

たとえばiQOS(アイコス)を吸うと、紙巻きタバコの時にはなかった腹痛や頭痛などを感じるという口コミはいくつかみられました。

iQOS(アイコス)は紙巻きタバコに比べて有害物質が9割削減されているといわれています。

しかしiQOS(アイコス)に含まれる具体的な成分については、販売元であるフィリップモリス社からはっきりとした情報が出ていません。

そのため紙巻きタバコには含まれていなくても、iQOS(アイコス)には含まれているという頭痛や腹痛を誘発する物質が含まれている可能性もゼロではないのです。

このようにiQOS(アイコス)を利用して紙巻きタバコを吸っていた時よりも体の調子が良くなったという人もいれば、悪くなったという人もいます。

iQOS(アイコス)を利用し始めて腹痛や頭痛などの症状が続く場合には、無理して利用を続けることはやめて症状が治るかどうかを観察してください。

またiQOS(アイコス)で不調が出た場合には、かかりつけの医師の診察を受けるのもよいでしょう。

iQOS(アイコス)で体が変化する?利用を始めて変わったことを分かりやすく解説まとめ

今回はiQOS(アイコス)で体が変化するのか?利用を始めて変わったことについて詳しく解説してきました。

iQOS(アイコス)を利用している人が感じる体の変化の中には、匂いや味の感じ方の変化、喉の痛みなどの軽減、肌の状態が良くなったなどが報告されています。

一方で、iQOS(アイコス)を利用し始めて腹痛や頭痛などの体の変化を感じる人もいますので、体質などによっても現れる変化がユーザーごとに異なるようです。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.