アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)の臭いは?気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法を分かりやすく解説

投稿日:2022年2月17日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

紙巻きタバコに比べて臭いが少ないといわれている加熱式タバコのiQOS(アイコス)。

タバコの臭いを気にして紙巻きタバコからiQOS(アイコス)に移行する人は多くなっています。

しかし周りの非喫煙者の中にはiQOS(アイコス)の臭いが気持ち悪いと感じる人もいるようです。

そこで今回は、iQOS(アイコス)の臭いはどういうものなのか?気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法を分かりやすく解説していきます。

iQOS(アイコス)の臭いは?気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法を分かりやすく解説

iQOS(アイコス)の臭いが気持ち悪いと感じる非喫煙者も多い

これまで紙巻きタバコを吸っていた人であれば、iQOS(アイコス)には臭いがないと感じる人も多いようです。

喫煙者でiQOS(アイコス)の臭いを感じないという人は、おそらくiQOS(アイコス)から紙タバコで生じるヤニ臭さを感じないという意味で「臭いがない」といっている人が多くなっています。

iQOS(アイコス)は紙巻きタバコに比べて含まれる有害物質の量が9割カットされているということもあり、ヤニ臭さを発する成分タールも大幅に削減されている可能性が高いでしょう。

このようなことから「ヤニ臭さがない=iQOS(アイコス)は臭いがない」と感じている喫煙者が多くなっています。

しかしiQOS(アイコス)は本体であるホルダー部分に内蔵されているブレード部分が挿入するヒートスティックを加熱することによって蒸気を発して、その蒸気を吸い込む仕組みです。

加熱ブレードがヒートスティックを加熱すると紙巻きタバコにはない独特の臭いが発せられるといわれています。

iQOS(アイコス)特有の臭いは「焼き芋」や「ポップコーン」と表現されることも多くなっています。

焼き芋やポップコーンという表現からはあまり臭いというイメージがないという人も多いかもしれません。

しかし非喫煙者の場合、このiQOS(アイコス)特有の臭いで気持ち悪さを感じたり、中には体調を崩してしまうという人もいるようです。

iQOS(アイコス)は非喫煙者に迷惑をかけずに楽しめる加熱式タバコというイメージがあるかもしれませんが、非喫煙者の場合は喫煙者よりも敏感に臭いを察知します。

中には健康被害を受けてしまう非喫煙者もいますので、iQOS(アイコス)の利用は周りへの配所が必要です。

iQOS(アイコス)の臭いを気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法

非喫煙者の中にはiQOS(アイコス)の臭いを気持ち悪いと感じる人もいますので、なるべく非喫煙者の迷惑にならないように利用していかなければなりません。

ここではiQOS(アイコス)を吸う際に非喫煙者に向けてできる対処法を紹介していきます。

iQOS(アイコス)の臭いが伝わらないように喫煙室を利用する

iQOS(アイコス)には紙巻きタバコのようなヤニ臭いという臭いはありません。

しかしiQOS(アイコス)独特の「焼き芋」や「ポップコーン」のような臭いに気持ち悪さを感じる非喫煙者も多いようです。

「iQOS(アイコス)は煙がでない」からという理由で禁煙スペースでiQOS(アイコス)を利用してしまう人もいるようですが、iQOS(アイコス)も必ず喫煙室や喫煙所を利用してください。

iQOS(アイコス)は部屋や車内では利用を控え屋外で利用する

iQOS(アイコス)の臭いに気持ち悪さを感じてしまうパートーナーや家族がいる人であれば、共有する部屋や車内でiQOS(アイコス)を利用するのも控えたほうがよいでしょう。

iQOS(アイコス)は紙巻きタバコに比べてタールの量が少ないと言われているため、壁紙やカーテンなどに臭いがこびりつかないと考える人もいるようですが、実際に非喫煙者は部屋に残ったiQOS(アイコス)の臭いを感じているようです。

また室内や車内で窓を開けて吸ったとしても、非喫煙者の場合iQOS(アイコス)の独特な臭いを感じ取って体調を崩す人もいます。

iQOS(アイコス)を利用する空間に非喫煙者がいる場合には、必ず屋外に出てiQOS(アイコス)を利用するのがマナーだといえるでしょう。

iQOS(アイコス)イルマの利用を検討してみる

これまで「焼き芋」「ポップコーン」と表現されるような独特の臭いがあるといわれていたiQOS(アイコス)。

そんなiQOS(アイコス)から2021年に登場した新シリーズのiQOS(アイコス)イルマは、従来のiQOS(アイコス)シリーズよりも独特の臭いがかなり抑えられるという評判です。

従来のiQOS(アイコス)はブレード部分によってヒートスティックが加熱されて蒸気が発生するという仕組みでした。

しかし新シリーズのiQOS(アイコス)イルマは、ホルダー内のブレードが撤廃されており、ブレードでヒートスティックが熱される際の独自の臭いが発生しにくくなっているようです。

家族やパートナーでiQOS(アイコス)の臭いで気持ち悪いと感じてしまう非喫煙者がいる場合には、iQOS(アイコス)イルマの利用を検討してみるのもよいでしょう。

ただしiQOS(アイコス)イルマのわずかな臭いでも気持ち悪いと感じる人はいますので、これまで通り非喫煙者に配慮したiQOS(アイコス)の利用が必要になってきます。

iQOS(アイコス)にも有害物質が少なからず含まれていますので、周りへの配慮を忘れずに利用していくようにしましょう。

iQOS(アイコス)の臭いは?気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法を分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)の臭いはどういうものなのか?気持ち悪いと感じる非喫煙者への対処法を分かりやすく解説してきました。

iQOS(アイコス)の臭いは加熱ブレードでヒートスティックが熱された時に発生する「焼き芋」「ポップコーン」などと表現される臭いになっています。

iQOS(アイコス)独特の臭いを家具と体調を崩してしまう非喫煙者もいますので、周りへの配慮を忘れないようにiQOS(アイコス)を利用していくのがよいでしょう。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.