アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)の類似品の評価や感想は?

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

現在も大人気となっているiQOS(アイコス)は、慢性的な品薄状態が続いており、非常に入手困難な状況が続いています。

しかし、iQOS(アイコス)同様の電子タバコと呼ばれるものは、少しずつ製品が増えてきており、iQOS(アイコス)のように有害物質の少ないタバコとして普及し始めています。

iQOS(アイコス)の類似品にも興味はあるけれど、実際に満足できるのかどうかは気になるところですよね。

そこで今回はiQOS(アイコス)の類似品にはどのようなものがあるのか?また、類似品をiQOS(アイコス)と比較した時の感想について調べてみました。

iQOS(アイコス)の類似品にはどんなものがあるの?


一般的にiQOS(アイコス)の類似品と呼ばれているものは、以下の2つが有名です。

  • Ploomtech(プルームテック)
  • glo(グロー)

口コミなどでは「iQOS(アイコス)の類似品」と呼ばれてしまうことが多い、Ploomtech(プルームテック)とglo(グロー)ですが、コピー商品などではなくれっきとしたメーカーオリジナルの製品です。

ただし、どちらもiQOS(アイコス)よりも後に登場しており、地域限定で全国的に普及していないことなどから、iQOS(アイコス)の類似品と呼ばれてしまうことが多くなっています。

Ploomtech(プルームテック)とはどんな製品?


紙タバコのメビウスなどを取り扱うJTから発売されている電子タバコが、Ploomtech(プルームテック)です。
2017年6月より、東京での発売がスタートしましたが、それより以前は福岡限定での発売でした。

バッテリーとカートリッジから構成されている電子タバコで、熱を利用せずに水蒸気を発生させ、カプセルに含まれるニコチンを吸い込んで利用するという特徴があります。

定価は4000円となっており、iQOS(アイコス)の半額以下で購入可能となっています。

これは、Ploomtech(プルームテック)の構造内で、加熱するパーツがないためであり、その分タバコというよりも禁煙パイポのような感覚に近いという口コミが多くなっています。

現在のところ、本体とカプセルの販売はインターネットまたは東京・福岡のみの販売となっていますので、頻繁に消耗してしまうカプセルでも、利用者の住所によっては毎回ネット注文にて取り寄せる必要があります。

glo(グロー)とはどんな製品?

glo(グロー)とは、KENT(ケント)やKOOL(クール)などの紙タバコを取り扱うブリティッシュ・アメリカン・タバコという会社が発売している電子タバコです。

タバコの葉が凝縮されたネオスティックというものを加熱して、水蒸気を吸い込みながら楽しむしくみになっています。

このglo(グロー)は加熱式であることからもPloomtech(プルームテック)よりもiQOS(アイコス)に近いといわれています。

仕様が似ているiQOS(アイコス)とglo(グロー)ですが、glo(グロー)の方が利用方法がシンプルであり、バッテリーの持ちも長いといわれています。

こちらは現在のところ実店舗は仙台限定の発売となっており、今のところ仙台以外での利用は、非常に不便な状態となっています。

しかし2017年7月から、東京・大阪での発売がスタートするということが決定していますので、利用可能な地域も少しずつ増えていくことが予測できます。

価格は8000円となっており、iQOS(アイコス)よりも若干安めの設定になっていますね。

iQOS(アイコス)その他の類似品

iQOS(アイコス)の類似品と口コミで呼ばれているものはPloomtech(プルームテック)とglo(グロー)が有名ですが、その他にもVAPE(ベイプ)と呼ばれるカスタム自由なものなど、さまざまなものが登場しています。

また、今後もタバコメーカーが電子タバコを発売することは期待できるため、近い将来は、さまざまなタイプの電子タバコが登場することが予測されます。

iQOS(アイコス)の類似品についてのまとめ

現在のところ、iQOS(アイコス)の類似品と呼ばれる代表的なものに、JTのPloomtech(プルームテック)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコのglo(グロー)があります。

これらは、iQOS(アイコス)の完全コピー品などではなく、それぞれがメーカーオリジナルの電子タバコとなっています。

しかし、先行発売されたのがiQOS(アイコス)だったため、このように呼ばれることが多くなりました。

「煙が出ない・煙が少ない」、「有害物質が少ない」などの特徴も似ているため類似品と呼ばれることが多くなっていますが、内部の構造にも違いがあり、吸い心地も製品それぞれに違いがあるようです。

また、価格にもそれぞれ違いがあり、3つの中で一番高額なものがiQOS(アイコス)になっています。

ただし、一番タバコに近いという感想が多いのもiQOS(アイコス)になっていますので、「価格が安い方がよいのか」、「タバコ感が欲しいのか」など電子タバコを選ぶ理由は人によってさまざまです。

電子タバコの選び方のポイントとしては、自分がどのように電子タバコを利用したいのかや、現在何のタバコを1日にどれくらい吸っているのかをしっかり確認して、それに見合った電子タバコを調べていくことにより、自分に合ったものを選ぶことができます。

まずは、自分に合った電子タバコをいくつかあげて、そこから厳選していくことがおすすめですので、ぜひ試してみてくださいね。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.