アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

iQOS(アイコス)の定価と確実に定価で購入する方法を分かりやすく解説

投稿日:2022年1月15日 更新日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

煙のでない電子タバコ・加熱式タバコとして利用者を増やしているiQOS(アイコス)。

そんなiQOS(アイコス)をこれから利用してみたいという人の中には、iQOS(アイコス)の定価がいくらなのか気になるという人もいるでしょう。

またiQOS(アイコス)を購入するのであれば確実に定価で購入したいという人もいますよね。

ここでは、iQOS(アイコス)の定価と確実に定価で購入する方法を分かりやすく解説していきます。

iQOS(アイコス)の定価と確実に定価で購入する方法を分かりやすく解説

iQOS(アイコス)の定価はシリーズによって異なる

2022年現在のiQOS(アイコス)はシリーズが複数登場しており、どのシリーズのものを購入するのかによっても定価が異なるようです。

まずはiQOS(アイコス)のシリーズ別の定価をみていきましょう。

iQOS(アイコス) 3 MULITの定価4980円

現在登場しているiQOS(アイコス)本体の中で一番定価が安いのが「iQOS(アイコス)3 MULIT」で、定価は5000円以内となっています。

価格帯的にも一番購入しやすいものになっており、大きな特徴としてはiQOS(アイコス)シリーズの中で最軽量のモデルとなっている点でしょう。

本体とホルダーを含めオールインワン型となっており、気軽に持ち運びがしやすいのも特徴です。

対応しているヒートスティックはブレード型専用タバコスティックであり、「マールボロヒートスティックシリーズ」と「ヒーツ」シリーズが利用できます。

iQOS(アイコス) 3 DUOの定価6980円

iQOS(アイコス)本体の中でも定価が7000円以内に収まっているのが「iQOS(アイコス) 3 DUO」です。

基本的な構造上の特徴は「iQOS(アイコス) 3 MULIT」と同じになっていますが、1本目を待たずに2本連続で使用できるというのが最大の特徴になっています。

また従来のiQOS(アイコス) に比べてホルダー充電時間が大幅に短縮されており、1本使う時で平均1分50秒、2本使う時で平均5分15秒で充電が完了するというスピーディーさです。

対応しているヒートスティックは「iQOS(アイコス) 3 MULIT」同様のブレード型専用タバコスティックであり、「マールボロヒートスティックシリーズ」と「ヒーツ」シリーズが利用できます。

iQOS(アイコス) ILUMAの定価8980円

iQOS(アイコス)の中でも新しいモデルとなっているのが「iQOS(アイコス) ILUMA」です。

定価は従来のiQOS(アイコス) と比較すると割高の8980円となっています。

最先端テクノロジーの「スマートコア・インダクション・システム」を搭載されておりブレードのない新構造で、これまでのiQOS(アイコス) 独自のデメリットであったブレード破損の心配がなく、使用後の面倒なクリーニングも不要です。

充電を待たずに2本連続での利用も可能であり、全体的に性能が上がっている印象を受けます。

iQOS(アイコス) ILUMAは、これまでのiQOS(アイコス) のように加熱を行うブレードがありません。

そのためブレード型専用タバコスティックが利用できなくなっており、代わりに「iQOS(アイコス) テリア」というシリーズのヒートスティックを利用していくことになるでしょう。

iQOS(アイコス) ILUMA PRIMEの定価12980円

iQOS(アイコス)の中でも現在の最上位モデルとなっているのが「iQOS(アイコス) ILUMA PRIME」です。

定価は12980円となっており、現在登場しているiQOS(アイコス) シリーズの中で唯一1万円を超える価格帯となっています。

「iQOS(アイコス) ILUMA PRIME」は「iQOS(アイコス) ILUMA」同様に最先端テクノロジーの「スマートコア・インダクション・システム」が搭載されていのが特徴です。

ブレードのない新構造で、これまでのiQOS(アイコス) 独自のデメリットであったブレード破損の心配がなく、使用後の面倒なクリーニングの必要もありません。

また「iQOS(アイコス) ILUMA」同様に2本連続での利用も可能で、「iQOS(アイコス) ILUMA」と「iQOS(アイコス) ILUMA PRIME」の違いはデザインの違いになっています。

機能的なスペックが同じですので「iQOS(アイコス) ILUMA」同様にブレード型専用タバコスティックが利用できなくなっており、代わりに「iQOS(アイコス) テリア」というシリーズのヒートスティックを利用していくことになるでしょう。

iQOS(アイコス)を確実に定価で購入する方法

2022年現在のiQOS(アイコス) は、供給が十分にされているため、定価で確実に購入したいのであれば、以下のいずれかの購入方法をおすすめします。

  • iQOS(アイコス)の公式店舗での購入
  • iQOS(アイコス)公式オンラインストアでの購入
  • コンビニでの購入
  • タバコ屋での購入

基本的に上記4つの方法のいずれかを利用して購入すれば、定価で安全に購入することができるでしょう。

一番やってはいけないのは、転売されているものを購入することです。

2017年頃は転売によって2万円から3万円という値段のついていたiQOS(アイコス) ですが、供給が追いついてきた2022年現在では転売屋から購入するメリットがありません。

現在定価で安全に購入する方法は、やはり正規ルートでの購入となっているでしょう。

また供給が十分にされている今では、公式サイトでの購入やコンビニでの購入などで特典として数千円程度の割引が受けられる場合もあります。

購入するタイミングによっては定価よりも数千円安く購入できることもありますので、ネットでの割引や販売店での割引キャンペーンなどをこまめにチェックしてみるのもよいでしょう。

iQOS(アイコス)の定価と確実に定価で購入する方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、iQOS(アイコス)の定価と確実に定価で購入する方法を分かりやすく解説してきました。

iQOS(アイコス)の定価は2022年現在、シリーズによっても大きく価格帯が異なっています。

現在のiQOS(アイコス)は需要に対して供給が上回っているので、正規ルートで購入すれば定価より安く購入できる可能性も高いと言えるでしょう。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.