アイコス手帳

iQOS(アイコス)の購入方法や使い方、特徴について書いています

アイコス

どこが違うの?iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)を徹底比較

投稿日:

【おすすめの加熱式電子タバコランキング】

【1位】iQOS(アイコス)の詳細ページはこちらから

【2位】PloomTECH(プルームテック)の詳細ページはこちらから

【3位】glo(グロー)の詳細ページはこちらから

【4位】VAPEの詳細ページはこちらから

【5位】ニコチン0の電子タバコの詳細ページはこちらから

一般的な紙タバコから電子タバコへの乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

中でも現在大人気となっているiQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)は比較されることの多い製品であり、どちらを購入しようか迷っている方も多くなっています。

そこで今回は、iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)の違いについて詳しく調べてみました。

iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)って一体なに?

「電子タバコ」ということは知っているけれど、そもそもiQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)がよく分からないという方もいますよね。

まずはiQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)がどんなものなのかをしっかりチェックしていきましょう。

iQOS(アイコス)とは

iQOS(アイコス)とは、マルボロなどのメーカーであるフィリップモリス社から登場している電子タバコです。
内部に組み込まれているヒートプレートという部分が熱を発して、ヒートスティックと呼ばれる部分を加熱して利用するしくみになっています。
価格は新型のもので10980円(税込)となっています。
現在はインターネット、全国の公式店舗やコンビニなどで取り扱いがあり、品薄状態が続いているため入手困難な状況が続いています。

VAPE(ベイプ)とは

VAPE(ベイプ)とは、ELECTRO CIGARETTE(電子タバコ)の通称であり独自のメーカーから登場しているものではなく、現在種類も豊富な電子タバコの総称となっています。
内部に含まれるリキッド(液体)を水蒸気化して利用するものであり、現在日本で販売されているVAPE(ベイプ)には、ニコチンが含まれていないのも特徴です。
全国の電子タバコ専門店やドン・キホーテやネット上などから購入可能です。

またさまざまな種類が登場していますので、価格も千円くらいのものから3万円を超えるものまであります。

iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)はどこが違うの?


電子タバコをこれから利用したいと考えている方の中には、iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)にどのような違いがあるのかを詳しく知りたいという方もいますよね。

ここでは、iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)の違いを比較ししてみました。

利用時の構造や成分の違い


上記の口コミでも書かれている通り、iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)は、そもそもの構造に違いがあります。
iQOS(アイコス)は本体であるホルダーと呼ばれる部分に、専用のヒートスティックをさして利用します。
一方のVAPE(ベイプ)は、リキットと呼ばれる液体を水蒸気化させて利用します。
またiQOS(アイコス)はヒートスティックの中にタバコの葉が入っていますが、VAPE(ベイプ)はリキッドの中にニコチンやタールなどタバコの葉に含まれるような成分は入っていません。
そのため、iQOS(アイコス)の方が紙タバコに近く、VAPE(ベイプ)は禁煙パイポに近い感覚です。

フレーバーの種類の違い


iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)にはフレーバーの違いもあります。

iQOS(アイコス)では短いタバコのような形のヒートスティックというものを利用する必要があり現在では全6種類の以下のフレーバーが登場しています。

  • レギュラー
  • バランスドレギュラー
  • ミント
  • メンソール
  • パープルメンソール
  • スムースレギュラー

一方のVAPE(ベイプ)はフレーバーを取り扱っているメーカーも多く、フレーバーの種類が豊富です。

タバコの味がするものやミント、バニラ、チョコレートなどのさまざまなフレーバーがあります。

また種類の多さから、複数のフレーバーを混ぜて自分のオリジナルフレーバーを自作して楽しんでいる方もいるようです。

価格の違い


iQOS(アイコス)の定価は新型が10980円、旧型が9980円となっており、iQOS(アイコス)の公式サイトからクーポンを発行することで3000円引きで購入することも可能です。
一方のVAPE(ベイプ)は、安いものだと1000円ほどから高いものだと30000円のものまで販売されています。
また、自在に組み合わせてカスタムが可能なので、予算に合わせて楽しむことも可能です。

iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)の違いについてのまとめ

iQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)が一見同じように見える方もいると思いますが、実は内部の構造や含まれている成分、価格帯、楽しみ方などを総合的に判断すると、全く違うものだということが分かります。
決定的な違いとしてニコチンが含まれているかいなかということがよく取り上げられ、タバコ感が欲しい方はiQOS(アイコス)を利用し、パイポ感で十分という方はVAPE(ベイプ)を利用することが多いようです。

また、禁煙を目指している方の中ではiQOS(アイコス)とVAPE(ベイプ)を併用して利用している方もいます。

まずは、現在の喫烟のペースやどのような楽しみ方をしたいのかをよく考えてどちらを利用するのかを検討してみてくださいね。

-アイコス

Copyright© アイコス手帳 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.